トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

01 9月

土屋太鳳の愛嬌と元気の良さが炸裂!『トリガール!』

Posted in 未分類 on 01.09.17 by Merlyn

映画『トリガール!』初日舞台挨拶、土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、英勉監督

2017年9月1日、映画『トリガール!』初日舞台挨拶が行われ、主演の土屋太鳳をはじめとしたキャストと監督が登場しました!平日の昼間開催でしたが、会場は超満員で、ゲストが登場すると大きな拍手と声援が会場に響きました。本作は、昨年の夏に撮影をしたそうで、土屋太鳳は撮影当時を振り返り「すごく深い夏でした。英組が本当に最高だったんです。すごくカッコ良くて、おもしろくて、プロとしての毒のようなものもあって、その毒がすごく魅力的で、良い緊張感もあり、いろいろなことを試行錯誤できて、土屋太鳳自身も解き放たれました!」とコメントすると、間宮祥太朗が「夏をなかなか深いと表現する人はいませんよね(笑)。深い夏というのは、つまり夏にどっぷり浸かったということだと思うのですが、それを一言で“深い夏”と表現したんだと思います」と土屋太鳳のコメントについて解説し、会場を沸かせました。

続いて本作の演出について問われると、英監督は「あまり演出したという覚えはなくて、最初に説明したら大体皆が勝手にやってくれたので、とても楽でした(笑)」と話しました。池田エライザは、役づくりについて「最初に台本を頂いたときに、間宮くんと太鳳ちゃんが演じるキャラクターが格闘しているかのような内容で、そのなかで私は何をやろうかなと考えていました。私の演じた和美は、唯一ヒロインっぽい立ち位置の人物で、ちゃんと恋をして、サポートもして、奥ゆかしさのある子だったので、ゆきな(土屋太鳳)のそばにただそのままいたら良いのかなと思い、特別なことはしませんでした」と語りました。高杉真宙は、自身の演じたキャラクターについて「僕以外の人物は、話が展開するに連れてどんどんキャラが濃くなっていったので、正直皆を羨ましいなと思っていました。僕の場合は、そんな皆の会話のテンポが早くなっていくのを止める役だったので、そのテンポを止めることがすごく怖かったです。でもそういう役であることを理解した上で演じさせてもらいました」と明かしました。

間宮祥太朗は、本作について「一つ一つが新鮮で、とても活き活きとした作品になったと感じています。原作や台本を読んだときに、活字なのに活字が踊り出すようなリズムや呼吸みたいなものを感じて、それを僕らが演じることで観客の方がより肌で感じるような映画になったら良いなと思っていました。そういう勢いみたいなものはこの映画に表れたんじゃないかと思っています」と語り、続けて「ちなみに真宙の今日のファッションポイントは、ここに(ジャケットの袖を指さして)鳥が1羽いまして、背中にももう1羽おります」と本作にちなんだファッションであることを紹介する場面もありました(笑)。間宮祥太朗も高杉真宙もイケメンですが、どちらもタイプが違うのでそれぞれの特徴を見て「どっちが好みかな〜」と勝手に吟味してしまいました(笑)。映画のなかでも2人は違うキャラの男子役をそれぞれ演じているので、皆さんもどちらがタイプが厳選してみてはいかがでしょう。

土屋太鳳は、本作で演じたゆきなについて「坂場先輩との掛け合いのシーンは、本当に夏の暑さとスピードとの戦いだったのですが、コックピットのなかは絶対にタイミングを外しちゃいけないアドリブの連続だったので、思い返すと本当にいろいろな意味で真剣勝負だったなと思います。限界を越えた先に最高の自分と会えるんだと実感できたシーンが多くて、でもそれは英組という素晴らしい仲間がいたからこそできたことなので、本当に熱い青春でした」とチームワークの良さを語り、監督も「本当に皆仲が良いよね。現場ではずっと喋っていたもんね」と仲の良さを証明していました。

最後に監督は「この作品を楽しんでもらえたら嬉しいです。短い映画(上映時間98分)なので、ぜひ何度でも観てください」とコメントし、土屋太鳳は「『トリガール!』は、本当に名言の宝庫だと思います。そのなかの一つに“勇気というのは、無謀とは違う。勇気は愛から生まれるんだ”という言葉があって、まさに人力飛行機はたくさんの愛から生まれるもので、勇気で飛ぶんだと思います。それは映画も同じだと思います。琵琶湖で受け取った奇跡、今日出会えた皆さんの笑顔をこの作品に乗せて最高のビッグフライトを目指します。『トリガール!』飛びます!」と元気に宣言し、舞台挨拶が幕を閉じました。

もう土屋太鳳って何でこんなに無邪気で可愛いんでしょうね〜?顔が可愛いのはもちろんですが、コメントの端々まで一生懸命さが伝わってきて、本当に素敵な人だと感じました。そんな愛嬌ある内面とは反対に、今日の衣装はロングのシースルーのスカートで大人っぽく決めていてそのギャップも良かったです。
本作は本日9月1日より公開です!ぜひ熱い青春を劇場で体感してください。

初日舞台挨拶:2017年9月1日取材 TEXT by Shamy

 

 

『トリガール!』
2017年9月1日より全国公開
公式サイト
配給:ショウゲート
©2017「トリガール!」製作委員会

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/間宮祥太朗
TJE Selection イイ男セレクション/高杉真宙

トーキョー女子映画部サイトに戻る

土屋太鳳の愛嬌と元気の良さが炸裂!『トリガール!』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.