トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

11 12月

レディー・ガガが勇気と自信をくれた。ブラッドリー・クーパー来日『アリー/ スター誕生』

Posted in 未分類 on 11.12.18 by Merlyn

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー/ローラ(スペシャルサポーター)

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ローラ(スペシャルサポーター)本作PRのため、初監督及び主演を務めたブラッドリー・クーパーが来日。ブラッドリーは「(日本語で)アリガトウゴザイマス。夢というものがどういうものなのか、夢を追うことがどういうものなのか、自分の声を見つけることがどういうことなのか。この作品を観ることでより皆さんが夢を見られること、そして夢を追えること、夢を叶える、そんなきっかけになれば嬉しいです」と挨拶。そして、ドレス姿で寒さをこらえているローラを見て、自身のコートを着せ、ブラッドリーの紳士的な行動に、会場からは歓声が上がりました。

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー/ローラ(スペシャルサポーター)

司会から世界で大ヒットしている状況などが改めて発表され、それについて聞かれたブラッドリーは「とてもホッとしています。自分にとっても本当にパーソナルな作品でしたから、皆様に同じような気持ちで観て頂けるのかと、考えていました。皆さんが本当に努力をして、自分のすべてをこの作品にもたらしてくれて、とにかくリアルさを追究し作った作品です。なのでとても嬉しく思っています」と喜びを語りました。映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー

主演としてもゴールデングローブ賞にノミネートされていることで、役作りについて聞かれると、「今回演じたジャクソンは、観客の方にとにかくリアルに感じて頂かなければ、そもそもこの映画に入っていけないと感じていました。けれども今まで歌ったこともなければ、ギターもピアノも弾いたことがなく、しかも今回は歌っているシーンは生で歌って収録しています。そのためにさまざまな方が力を貸してくださいました。ルーカス・ネルソンさんが一緒に作曲、作詞をしていますが、彼のバンド“プロミス・オブ・ザ・リール”が今回演じているキャラクターのバンドもしています。そのほかボーカルのコーチングを受けたり、いろいろなことを学びながら、時間をかけて努力をして作っていったキャラクターです」と振り返りました。ローラは「今までギターもピアノもやったことがなかったと言ってたから、ウソ!って思って。それくらいすごく上手だった」とコメントしました。

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー/ローラ(スペシャルサポーター)女優としてのレディー・ガガについてブラッドリーは「彼女ほどさまざまなことを達成されている方が、ステージで歌ったことがないような演技をしなければいけないシーンがあったんですけれども、彼女が毎回毎回ステージに上がるのがとても怖くて怖くてしょうがない、そう見えたんですね。それくらい素晴らしい演技でした。そしてすべての面においてとにかく努力を積み重ね、自分の持てるすべてを出してくださって、自分のもろい部分もオープンに見せてくださって、アリーの求めるすべてのものに答えてくれました。だからすごくリアルに感じて頂けると思うんですよね。自分自身の魂と心をこの作品に与えてくれたから」と絶賛しました。

映画『アリー/ スター誕生』レディー・ガガ

来日できなかったレディー・ガガよりコメント。

レディー・ガガと歌ったことについては「忘れられない瞬間になりました。本当に一緒に歌っていても居心地良い空間を作ってくれて、僕自身を本当にジャクソンであるように見てくださるんですね。そのことが僕に大変な自信をくれました。実は今回かなり制作初期から、歌は全部生で歌おうと2人で決めていたんですが、彼女の励ましがあったからこそ、自分で歌うという自信を持てたんだと思いますし、現場では彼女が歌っている姿を見るのは本当に僕達も光栄でした。同時に彼女が勇気をくれたからこそ自分も歌えたのだと思います」と語りました。

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパーそして歌、音楽はグラミー賞で主要2部門を含む4部門にノミネートされ、楽曲制作への監督としてのこだわりを聞かれると、「歌は、2人が恋に落ちる時、2人がアートを分かち合う時、欠かせない役割を果たしています。脚本を書いているなかで、この物語の欠かせない一部になっていきました。すべての曲が物語にとって意味があるものになっているんですが、ガガさんはもちろん、ルーカス・ネルソンさんや、素晴らしい音楽家の方々に参加して頂いて、最高の楽曲を練って練って作っていきました。素晴らしい体験だったんですけども、僕自身はこの作品に入る前にまさか自分が作詞・作曲、アレンジをするなんて思ってもいなかったので、たぶん制作過程でジャクソンという人間に少しずつ命が吹き込まれていったのだと思います」と答えました。

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー/ローラ(スペシャルサポーター)とても穏やかににこやかに話すブラッドリーの優しさがこの作品にも表れているようにも思いました。ローラも「ローラ泣きした!」と絶賛していたように、歌もドラマも心に響く内容になっています。ぜひ音の良い劇場で観て欲しいです!

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:ブラッドリー・クーパー/ローラ(スペシャルサポーター)

映画『アリー/ スター誕生』来日ジャパン・プレミア:2018年12月11日取材 TEXT by Myson

 

映画『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー/レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』PG-12
2019年12月21日より全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/ブラッドリー・クーパー

トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

レディー・ガガが勇気と自信をくれた。ブラッドリー・クーパー来日『アリー/ スター誕生』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.