トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

04 12月

怪獣映画に憧れてきた監督の夢実現は、東京在住者にとっては悪夢!?『パシフィック・リム:アップライジング』

Posted in 未分類 on 04.12.17 by Merlyn

映画『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント@【東京コミコン2017】、スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子映画『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント@【東京コミコン2017】、スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子

 

2017年12月3日、【東京コミコン2017】にて、『パシフィック・リム:アップライジング』の来日イベントが行われました。スティーヴン・S・デナイト監督と、前作に引き続き、森マコを演じた菊地凛子が登壇。スティーヴン・S・デナイト監督は「この場にいられる事も、初来日もすごく光栄に思っています。しかも『パシフィック・リム:アップライジング』についてお話できる機会ということで最高の気分です」と挨拶。日本の印象については、「本当にこれ以上愛せないくらい、日本に愛情を感じているんですが、悲しいことに今晩帰らなければいけないんです。でも皆様に約束します。来年完成した『パシフィック・リム:アップライジング』を携えて、またやってきますのでよろしくお願いします!」とコメントしました。

株式会社バンダイから2018年リリース予定のフィギュアとスイングマスコットテーブルの上には、株式会社バンダイが2018年に日本発売を予定している『パシフィック・リム:アップライジング』のフィギュアとスイングマスコットが並べられていましたが、このクオリティについて監督は、「本当に最高過ぎて、帰りの飛行機内で手にしている可能性を今感じています。すごく出来も良くて、リリースされたら皆様にもお家で持って頂けたら嬉しいです」と、太鼓判を押しました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント@【東京コミコン2017】、菊地凛子そして、菊地凛子は「今日は、こんなに足を止めてくださった方、前作のファンの皆様、こうして集まって頂きありがとうございます。私もこうしてこの場に立てることを大変嬉しく思います。今日は最後まで楽しんでください」と挨拶しました。前作と今作で心境の変化を聞かれると、「前作から約10年後が舞台になっています。新しい戦力とともに、新しい戦いに向かうということで、森マコとして新たな成長を見せようと意識してやったつもりです」と答えました。この言葉を受けて監督は、「凛子と一緒に仕事ができたことは、スリリングなことでもあり、光栄なことでもありました。本当に一緒にお仕事するのも最高で、現場に凛子がいる日は、とてもワクワクできたんです。早く皆さんにも今回の凛子の演技を観て頂きたいです」と菊地を絶賛しました。

さらに、この日は超極秘映像が盛り込まれた映像が上映されました。それを観た会場の観客達も大盛り上がり!完成が待ちきれなくなる、迫力のシーンがいくつも観られて、とてもワクワクしました。菊地も初めてこの映像を観たようで、「前作のファンが好きなすべての要素を持ってきた上で、KAIJU、メカもすごく進化している感じが伝わってきました。私も早く観たいです!」と興奮していました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント@【東京コミコン2017】、スティーヴン・S・デナイト監督アクションシーンでは、日本語の看板がちらほら映っていたことについて、司会から「日本でのイェーガーとKAIJUの戦いも観られるんでしょうか?」と質問が飛ぶと、監督は「本作で東京を滅ぼす可能性がかなり高いんです」と答え、続けて東京を破壊した気分を聞かれると、「最高の気分でしたね。というのも、子どもの頃からウルトラマン、マグマ大使、ジャイアント・ロボ、昔のゴジラ映画が大好きで、やっぱり怪獣映画を作るんだったら、欠かせないのが東京をボコボコにすることですよね。東京の方にとって悪夢かも知れませんが、僕にとっては(東京を破壊することが)夢でした」と上手くオチを付けました(笑)。

前作よりも戦闘シーンが、夜よりも昼になっている印象が強いと言われると、監督は、「ギレルモ・デル・トロ監督の前作では、バトルシーンが夜間で雨が降っていて、そこでKAIJUとイェーガーが戦うというものだったんです。でも今回はせっかくなので皆様により違うもの、新しいものを見せたいということで、ほとんどのバトルシーンは白昼、それもかなりお天気の良いなかで行われているんです」と述べました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント@【東京コミコン2017】、スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子最後に、菊地凛子は「私もいち“パシフィック・リム”のファンとして公開を楽しみにしています。バトルシーンも、新しいキャラクター達も素晴らしい活躍を見せてくれていると思います。ぜひ期待して頂いて、劇場で観てください。今日はありがとうございました!」とコメント。監督は「本当に皆様に早く観て頂きたい気持ちでいっぱいです。この作品は作っている時も1秒1秒、自分が子どもの時に描いていた夢が叶っている、そんな体験でした。まさに今凛子がおっしゃったように、公開時には劇場にぜひ足を運んでください。そうすれば“パシフィック・リム3”を作ることができますので!」と、続編への期待を煽りました。『パシフィック・リム:アップライジング』は、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、新田真剣佑など若手人気キャストも多数出ていますよ。どんな作品に仕上がっているのか、公開が待ち遠しいですね!

『パシフィック・リム:アップライジング』来日イベント:2017年12月3日取材 TEXT by Myson

 

『パシフィック・リム:アップライジング』
2018年4月全国劇場公開
公式サイト
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

トーキョー女子映画部での紹介記事

シリーズ1作目『パシフィック・リム』映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
シリーズ1作目『パシフィック・リム』記者会見:ギレルモ・デル・トロ監督、菊地凛子、芦田愛菜
TJE Selection イイ男セレクション/ジョン・ボイエガ
TJE Selection イイ男セレクション/スコット・イーストウッド
TJE Selection イイ男セレクション/新田真剣佑

トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

 

怪獣映画に憧れてきた監督の夢実現は、東京在住者にとっては悪夢!?『パシフィック・リム:アップライジング』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.