トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

20 12月

ウィル・スミス、スタジオ制作では撮れないNetflix制作映画の魅力を語る『ブライト』来日記者会見

Posted in 未分類 on 20.12.17 by Merlyn

Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、デヴィッド・エアー監督、エリック・ニューマン(プロデューサー)、ブライアン・アンケレス(プロデューサー)

Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、デヴィッド・エアー監督(写真一番左)、エリック・ニューマン(プロデューサー/写真右から2番目)、ブライアン・アンケレス(プロデューサー/写真一番右)

 

Netflixオリジナル映画として、2017年12月22日(金)より全世界同時オンラインストリーミングされる『ブライト』。今回配信開始を目前にして、キャスト、スタッフ一同が来日しました。最初にデヴィッド・エアー監督は、この作品を作ったきっかけを聞かれると「非常に風変わりな作品で、いろいろなジャンルをコンピレーションした作品になっています。私は警察ものはかなり経験値があるのですが、今回はファンタジックなロサンゼルスを舞台にしているので、今までとは違った作品にしました。観て忘れてしまうのではなく、何かメッセージとして皆様の心に残るような作品にできるんじゃないかと思いました」と答えました。ウィル・スミスは、バディ・ムービーとしてのおもしろさ、ジョエル・エドガートンとの相性について質問されると、「この映画では、エルフが一番上流階級にいて、本当に裕福なんですね。怪物オークは一番底辺にいて、皆が見下す存在です。人間はその中間。僕は黒人警官でオークという人種に差別感を持っているんです。この作品では、現実社会とは違う社会構造のなかで、人種差別、偏見、階級制度というものを違う視点から見ることができます。ジョエルとの関係、相性は、よくあるクラシックなハリウッド映画のロマンスの関係に似ていました。(劇中でジョエルがしている)オークのメイクを見ると、僕の中で何かが起こるんです(笑)」とジョークを交えて返しました。
Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス、ジョエル・エドガートンジョエルは人間ではないオークという種族を演じたことについて、「脚本の3ページ目くらい、ウィルが演じるキャラクターがフェアリーを殺したところで、この脚本にハマり、自分が演じるキャラクターに惚れ込んでいきました。このオークは皆からいじめられていますが、文化的、宗教的、人種的に、いじめに遭っているんです。自分が演じているキャラクターが背負っている責任をとても気に入ったのですが、本当は肌の色やどこの種族に属しているということではなく、自分自身の行動や良さを見て欲しいと思っている人物なんです。そういうところから、このキャラクターがとても優しくて、とても大切なキャラクターだと思いました」と話しました。

エルフのレイラを演じたノオミは、見どころとなるアクションシーンの撮影について、「もともと私は完璧主義者なので、アクションにおいても100%で向き合いたいといつも思っています。今回のレイラもそうでした。彼女はエルフなので、戦いのスタイルも流れるようなものにしたかったんですが、そのために今までで最も大変なアクションシーンになりました。通常であればミスもうまく使ってアクションを演技に結び付けていけるんですが、エルフ族は全くミスを冒さないんですね。なので彼女と一体になって、水の流れのような動きを意識してアクションを作っていきました。セリフはあまりないので、むしろ彼女の身体や、肉体性から、まるで動物から気持ちを読み取るように、感情を読み取らなければいけなかったというのもあります。そのためにリハーサルはかなりやりました。スタントチーム、監督ともかなり話をして、家でも銃やナイフのトレーニングをしていましたし、それこそナイフや銃を持ったまま寝ていたくらいです。今までのアクションシーンと全く違ったアプローチではありましたが、本当に楽しかったです」と語りました。

プロデューサーの2人には、さまざまなクリエーターがNetflixを選び作品を作っていることについて、その理由と、関わる作品を選ぶ時のポリシーは何かという質問が出ました。エリックは「Netflixは非常にエキサイティングな会社です。映画を愛する人が集まっている会社だし、予算がどんなにかかろうと、資源がどれだけかかろうと、それをサポートしてくれる会社です。それともう一つ、ハリウッドの映画というのは、アジアの映画の影響を色濃く受けているわけですが、そういった異文化、アジアの映画に皆様に触れてもらうには、Netflixは非常に良いプラットフォームです。この映画でいうと、かなりの技術を使い、素晴らしい監督、キャストを起用して精巧に作られています。今の自宅での視聴環境は、場合によっては映画館の環境を超えるようなものが整っているわけで、そういった環境のなかで皆さんにご覧頂くことになるわけです」と返しました。続いて、ブライアンは「この作品はNetflixのサポートがなければ作れなかったと思います。Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ノオミ・ラパス普通なら特定の枠にハマった映画を作ることになりますが、Netflixの場合は、完全にオリジナルなので、必要な資源を与えてくれて、クリエイティブ的にも自由に作らせてくれました。そういう素晴らしいチャンスを頂けて、本当にNetflixに感謝しています」と答えました。ウィル・スミスは続けて、「僕のNetflixの経験を話すと、ハリウッドのメジャー作品の制作と全て同じだと感じました。唯一の違いは、『インデベンデンス・デイ』を撮った金曜日には皆から“ウィル”と呼ばれていたんですが、週末劇場公開があった後の月曜日には、皆から“ミスター・スミス”と呼ばれたことです。僕がまだわからないなと思っていることは、スクリーンの大きい劇場で公開されて、皆さんが非常に感情的にリアクションしてくださった映画体験と同じように、家で観てくださった場合も頭や心に届くのかということ。劇場では何千人というお客さんが一緒に観るわけですが、その時と同じような体験が家で観てもできるのかということです。それが(本作の配信開始)1週間後にはわかると思います」と付け加えました。さらにノオミは「一つだけ思ったことは、私達にとって難しいことは自分も含めて(家にいながら映画鑑賞に)集中するということなんですね。スマホ、PCなどが近くにあるなかで、自分はこれから映画を観るんだと選択して、それらの電源を切って集中できるかどうか。私もメールが気になったり、返事を書いているあいだに、映画が進行してしまっていたりということがあるので、やはり「今から映画を観るんだ」という選択をすることが大切だし、『ブライト』を観るときはそうして頂きたいと思います」と話しました。エリックは、「私の個人的な経験をお話しますと、私は黒澤明の映画が大好きで、ほとんど観ていますが、映画館では観ていないんですね。Netflixに関しても同じように思うわけで、自宅のテレビで観たからといって、映画愛は損なわれないと思います」と語りました。もう司会者が当てなくても、皆それぞれに発言して、熱い気持ちが伝わってきました。Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス

そして、ここから記者からの質問タイムになったのですが、ウィル・スミス自らが挙手している記者を指名して、自分が持っているマイクを持って行くという場面がありました。ちょうど私のすぐ前の男性が当てられたので、ウィルが至近距離に!ウィルは男性記者にマイクを渡すと、そのまま横に立ったまま彼の言葉に頷いていて、終始笑いが起きていました。せっかくウィルがそばにいるのに、質問の対象は監督ということで、さらに会場は爆笑。男性が緊張しながら質問を言い終えると、「アリガトウゴザイマス」と日本語でお礼を行って、席に戻ったウィル。本当にいつも楽しい会見にしてくれるので、取材も楽しいです。そんなウィルのやりとりがおもしろすぎて、私は質問した男性のすぐ後ろで爆笑していたら、ウィルが気付いて手を振ってくれました。感激!

ところで、監督への質問は「ウィル・スミスが主演、デヴィッド・エアー監督の『スーサイド・スクワッド』をすごく楽しみましたが、監督のなかでは映画作りへの葛藤や苦しみがあったと感じました。今回の映画制作ではどうだったのか知りたいです。通常の映画制作との違いがあれば教えてください」というものでした。監督は「映画作りというのは基本毎回変わりません。ただ作品毎に学び、成長していく。『スーサイド・スクワッド』で起きたことはすべて自分のなかで責任を取っているつもりですし、監督として非常に大きなレッスンをたくさん学ぶ機会になりました。大きなスケールでのアクション、CGIの使い方、特殊メイクなどの使い方。これらすべては今回の『ブライト』にも応用することができたんですね。Netflixさんとご一緒した本作は、最高の映画作りの体験になりました。Netflixさんは映画作家を育ててくれる環境を提供してくれます。だからこそ、映画作家としての声をしっかりと表現できたんです」と返しました。続けてウィルは「スタジオ制作の場合は1億ドル以上のものなど、予算が大きい場合は、スタジオ側からクリエイティブな要求が非常にたくさんくるわけですが、やはりリスクが伴うからです。そういう要求があるからこそ、いろんな意味でこの『ブライト』という作品はスタジオでは撮れないんです。これくらいのコストがかかる作品だったら、PG-13(米国のレイティング)にしろと言われますし、Rレイトのこのような作品は、IP(知的財産:ここでは原作があるものという意)で今まで成功した例があるものでないといけないという規制がかかります」と、映画界の諸事情を明かしました。

Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス

フォトセッション前のステージチェンジを手伝うウィル

Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見、ウィル・スミス

手伝わなくて良いと言われてもやめないウィル(笑)

最後にウィルは「『ブライト』はユニークな作品になっていると思います。毎日結構寒いなか、雨のなか撮影だったので、大変でした。でも一番苦しかったのはジョエルだったと思います。メイクをするのに毎日3、4時間かかっていました。そういうことを通して特別な作品になっています」と締めました。この日は、ウィル・スミスの今後の作品で、彼が一人二役を演じる、アン・リー監督“GeminiMan(原題)”の話も出ましたが、まだまだウィル・スミスの挑戦は続くようです。でも、その前に『ブライト』を要チェックですね!

 

『ブライト』来日記者会見:2017年12月20日取材 TEXT by Myson

 

 

『ブライト』
2017年12月22日より全世界同時オンラインストリーミング
公式サイト

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/ウィル・スミス
TJE Selection イイ男セレクション/ジョエル・エドガートン
TJE Selection イイ男セレクション/エドガー・ラミレス

トーキョー女子映画部サイトに戻る

ウィル・スミス、スタジオ制作では撮れないNetflix制作映画の魅力を語る『ブライト』来日記者会見 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.