トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

12 3月

松坂桃李がストイックに挑んだ『娼年』共演の女優達も絶賛!

Posted in 未分類 on 12.03.18 by Merlyn

映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、西岡德馬、江波杏子、三浦大輔監督映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、西岡德馬、江波杏子、三浦大輔監督

映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、松坂桃李松坂桃李主演、三浦大輔監督、石田衣良原作で贈る『娼年』。R-18+指定で公開されるセンセーショナルな本作が、2018年3月12日に初めて一般の方にお披露目されました。上映前には、キャスト、監督が登壇。今回、娼夫の森中領を演じた松坂は、演じてみた感想を聞かれると、「たしかに緊張、期待、不安もあるんですけど、この作品で何かあったら、僕のせいでもあるけど、三浦さんのせいでもあるんで、そういう責任を割り勘しようという意識で、舞台から映画をやってきました。もうこのメンバーだったら怖いモノはないですね」と自信を覗かせつつ、「ただ、きつかったですね」とコメント。三浦監督は「松坂君をはじめ、キャストの皆さんも大変でしたけど、スタッフさんも大変でした。厳しい条件だったのもあり、本当に大変でしたね。心からそう思う現場でした。僕のせいなんですけど(笑)。ただ、スクリーンにその苦労が刻まれているかなと思います」と手応えを感じているようでした。
映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、真飛聖真飛は、「(撮影は)短気集中型というか、今日こういう風にお会いするのが初めての方もいらっしゃって、本当にそれぞれのシーンを試写会で知ったので、皆さんどれだけ大変だったかと思いながら観てました。本当にね、気がついたら、今日が何曜日か何日かわからないくらい、撮影しっぱなしだった日もあったので、キュッと詰まっています」と振り返りました。

映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、冨手麻妙森中領を演じた松坂との共演について聞かれた冨手麻妙は、「私はドバッとまとめて出てくるワケではなく、飛び飛びで、順撮りだったので、久しぶりに松坂さんにお会いした時は、領君として違う人間になっていたというか、映画とともに領君という存在が変わっていたのが、役者としてさすがだなと尊敬しました。大変な撮影だったのに、バナナを食べているところしか目撃しませんでした。松坂さんのおかげでこの作品は素晴らしいものになりました」と絶賛しました。松坂は、「嬉しいです。(バナナは)集中できるので食べてました。別に好きじゃないんですけどね(笑)」と返答。馬淵も「私も撮影に1日か2日くらいしかお邪魔してなくて、(松坂は)ご飯をほとんど食べられない方なんだなと思ってました。寒い時期のロケだったので、待ち時間にスタッフの方がベンチコートを羽織らせてくださるんですけど、(松坂は)一切着なかったんですね。自分で自分を追い詰めていらっしゃるのか、当時は聞くに聞けなくて…。なんでなんですか?」と松坂に質問。松坂は「なんでだったんですかね(笑)。どうせまた脱ぐしと思ってたので」と謙遜しつつ、「たぶん自分のなかで気合いを入れてたんだと思います」とコメントし、ストイックな一面を共演者に明かされ、照れていました。

映画『娼年』完成披露試写会舞台挨拶、江波杏子老女を演じた大ベテランの江波は、「申し訳ありません。このようにお若い方々ばっかりなのに、なぜか老女の役で、老女優が演じさせて頂きました。そろそろ老女優としては、のれんを下ろそうかな、看板を取り外そうかなと思い悩んでいるところに、このお話を頂きまして、(脚本を読んで)“えっ!!”とビックリしました。濡れ場がある!舞台版でご一緒させて頂きまして、これで終わりかなと思いきや、映画でも。映画だったらアップになったりすると、全部シワがばれちゃうなと。でも老女だから、そこで考え方を変えて、老女そのものでやらせて頂きました。ごめんなさいね、松坂さん」と、ユーモアたっぷりに答えると、松坂は「とんでもない」と返しました(笑)。「松坂さん、三浦監督の現場は温かくて、時々冷やっと怖いけれど、演じてる最中に、何か看板を下ろそうかななんて気持ちは溶かして頂き、希望に充ち満ちました。ありがとうございました」と続けました。ネタバレを避けるために、皆気を付けてコメントされていましたが、どんなシーンのことを言ってるのか、観客の皆さんの妄想はとても膨らんだのではないでしょうか(笑)。

最後に松坂は「皆さん、本日はありがとうございました。僕が今まで携わってきた作品のなかで、これほど入口と出口が違う作品もなかなかなかったなと思います。そして何よりものすごく余韻を楽しめる作品だと思います。なので、皆さん最初は面食らうかも知れないんですけど、劇場を出る時にはすごく軽やかな会話を繰り広げられるんじゃないかと思っています。それだけ自信のある作品です」と締めました。ここのところ、強烈な役柄に挑戦し続けている印象の松坂桃李。この作品で完全に脱皮していますので、必見です!

『娼年』完成披露試写会舞台挨拶:2018年3月12日取材 TEXT by Myson

 

『娼年』
2018年4月6日より全国劇場公開
公式サイト
© 石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/松坂桃李
→トーキョー女子映画部サイトに戻る

松坂桃李がストイックに挑んだ『娼年』共演の女優達も絶賛! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.