トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

12 6月

「シズオに一番似ている福田監督がやれば良いのに〜」by堤真一

Posted in 未分類 on 12.06.13 by Merlyn

『俺はまだ本気出してないだけ』本気出す直前プレミアイベント、堤真一、橋本愛、山田孝之、蛭子能収、福田雄一監督、青野春秋(サプライズゲスト)

2013年6月10日、『俺はまだ本気出してないだけ』の本気出す直前プレミアイベントが行われました。イベント中にはリアルタイムで蛭子能収が堤真一の似顔絵を描いたり、サプライズゲストとして本作の原作者である青野春秋が登場、さらにはカナダ、モントリオールで行われるファンタジア映画祭上映の決定が発表されたりなどかなり盛りだくさんなイベントでした。

堤真一は今回の役柄について「やっちゃいました!まさか僕がこの役をやるとは思ってもいませんでした。原作のシズオのキャラクターとは全く違うキャラクターの僕が今回は演じさせて頂くことになりました。シズオは本当にバカなキャラクターなのですが、観ているうちになぜか勇気をくれる男です。すごく良い作品になっていると思うのでぜひ観てください」とコメント。普段二枚目キャラを演じることの方が多い堤真一ですが、今回のダメ男役は予想以上にハマっていて堤真一自身のコミカルな部分がたくさん出ていたように思います。

山田孝之は堤真一との共演について「堤さんとは以前に共演したことがあったのですが、あまり絡みがなく今回は一緒にいる時間が長くて楽しかったです。撮影中は堤さんと原作のキャラクターと自分たちが違うとずっと愚痴を言っていました(笑)」と話すと堤真一が、「シズオに一番似ている監督が自分で演じたら良かったのにねってずっと話していたんですよ(笑)」と言い、これには監督も爆笑していました。確かに監督の体型やメガネをかけた雰囲気はシズオに似ているところもあるので(右下画像参照)、シズオ役を演じたら良いのにと言われてしまっても仕方ないと納得してしまいました。

監督は本作について「堤さんのファンの方もたくさんいると思いますが、この映画を観ると堤さんに今後もっとこういうコミカルな役をやって欲しいなと思えると思います。ぜひその辺りも注目して観て欲しいと思います」と回答。またMCより「この映画には先日AKB48の総選挙で1位になった指原莉乃さんも出演していますが実際にどうでしたか?」と尋ねられると監督は「えらいことになりましたよね!なんと言ってもこの作品は昨年、彼女の例の報道があって3日後に撮影だったので正直どうしようかなと思いました。けれど本人が芸能界に残る気があるならばやって欲しいなと思い、出演してもらうことになりました。まさか1年後の総選挙で1位になるとは思っていませんでしたが(笑)」と答えました。AKB総選挙で指原莉乃が1位になったことには監督も驚いていたようですが、映画の良い後押しにもなると喜んでいる様子でした。

そしてイベント終盤では蛭子能収が、その場で描いた堤真一の似顔絵を披露。その妙に似ていない感じと謎の背景画に会場は爆笑。似顔絵を受け取った堤真一は「これは俺がもらわないといけないんですかね〜(笑)」とコメント。

するとここでサプライズゲストの原作者の青野春秋が登場し、蛭子能収以外のキャストひとりひとりの似顔絵をプレゼントしました。肩身の狭くなってしまった蛭子能収に会場も爆笑の嵐となりました。ということで今回のイベントでもかなり笑いが起こりましたが、劇中でも笑えるシーンが満載です。ぜひ楽しんで観てみてください。

『俺はまだ本気出してないだけ』

2013年6月15日より全国公開

配給:松竹

http://www.oremada.jp

©青野春秋・小学館/「俺はまだ本気出してないだけ」製作委員会

トーキョー女子映画部での紹介記事

辛口?甘口?映画批評&デート向き映画判定

http://www.tst-movie.jp/hh01_a/hh01_a_orehamada_honnkidasitenaidake.html

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

「シズオに一番似ている福田監督がやれば良いのに〜」by堤真一 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.