トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

07 3月

『白ゆき姫殺人事件』、綾野剛が鏡を見て「俺、かっこ良いぜ」と思う!?

Posted in 未分類 on 07.03.14 by Merlyn

映画『白ゆき姫殺人事件』プレミア舞台挨拶、井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、中村義洋監督

2014年2月26日、映画『白ゆき姫殺人事件』のプレミア舞台挨拶が行われました。本作は湊かなえの原作小説の映画化作品で、人の噂話や妄想が次第に本当になっていくというサスペンスです。この日の舞台挨拶にはたくさんのお客さんが来場し、キャストが登場すると歓声があがり場内はかなりヒートアップしました!

MCより「撮影中に苦労した点や印象に残っているエピソードはありますか?」と問われると井上真央は「図々しいのですが、実は最初にこのお話を頂いたときは菜々緒ちゃんが演じた三木典子役を演じるのかと思っていました(笑)。原作を読んでいるときにまず三木典子が登場し“こんなにきれいって言われる役はプレッシャーだな”と思っていました。でもそのうち地味なOLの城野美姫が登場して、“あ、私の役はこっちだな”と気づきました。この役はそれぞれの人物の主観によって変わる役で、この人物だったらこういう美姫を想像するだろうなと考えながらお芝居するのは難しかったです。でも監督といろんな城野美姫像を考えて、演じられたので楽しかったです」とコメント。この日はすごく明るくて元気な井上真央という感じでしたが、劇中では本当に地味なOL、城野美姫を見事に演じていました。人の主観によって演じわけたシーンも見応え抜群です。

映画『白ゆき姫殺人事件』舞台挨拶 綾野剛続いて映画のなかでワイドショーのディレクター、赤星役を演じた綾野剛は「薄っぺらい男、赤星役の綾野剛です(笑)。赤星は本当にどうしようもない男で、本質から薄っぺらくないとそう映らないような気がして、撮影中は自分自身がどうやって赤星らしくなろうかということばかり考えていました。でも演出の最中に監督がブラックジョークを挟んでくれ、そういうのを真に受けながらやっていたら、だんだんと薄っぺらい男になっていった気がします。あとは鏡を見つけたら“俺すごくかっこ良いぜ”みたいに思うところから役づくりしていきました(笑)」と話すと、監督は「僕の周りでも仕事よりも自分が大事っていう本当に青臭い若者がいます(笑)。そういう赤星のような人のアイデアを綾野くんと一緒に出し合って、どんな仕草でどんな洋服を着ているのかというところから作り上げていきました」と語りました。蓮佛美沙子は自身の役柄について「私が演じた理沙子は一番最初に噂をリークする役で、本当によくしゃべるのでセリフを覚えるのが大変でした。それでも綾野さんが自分の出番がまだでも早く来てくれて電話の演技に付き合ってくれたりもしたので、理沙子としてすんなり演じることができました」と語りました。綾野剛は実際には全く薄っぺらくない男だということもわかり安心ですね!この舞台挨拶でも綾野剛は空気を読んで上手く会場を盛り上げていて、さらにイメージアップしてしまいました。

舞台挨拶の後半では、ネットの噂話がいつの間にか本当になっていくという本作の設定に因み、つい見てしまった共演者の裏側について発表しました。井上真央は「深夜のロケ中に菜々緒ちゃんが、唐揚げとか焼きそばなど“夜にそれ食べるの?”って思ってしまうものをがっつり食べていたのを見ました。あんなにスタイルが良いのに結構ジャンキーなものを食べていて本当にびっくりしました」と発表。すると菜々緒は「ついいろんな物が食べたくなっちゃうんですよね」と笑顔で返していました。菜々緒はこの日もタイトな黒のドレスを完璧に着こなしていて、本当にその体のどこにジャンキーなものが入っていくのだろうと疑問に思うばかりでした。体質なんですかね〜、羨ましい限りです(笑)!

最後に井上真央が本作をこれから観る方たちに向けて「真実がどこなのか、皆さん翻弄してもられえたら良いなと思います。観終わったらもしかすると、ツイッターでつぶやくのにちょっと躊躇する方もいるかも知れませんが、皆さんなりのつぶやきで皆さんなりの真実をつぶやいて頂ければと思います。ぜひ楽しんで観てください。良いつぶやきも待っています!」とコメントしました。

舞台挨拶中に監督とキャストが和気あいあいと話す様子はとても和やかで仲の良さを感じました。映画のなかでは、皆さん普段とは違う個性的な役柄を演じているので、それぞれの役柄にも注目してみてください。また本作はツイッターが登場するなど現代らしさと、殺人事件をきっかけに表面化する人間の怖さが上手く合わさった作品となっています。女子はもしかしたら自分や職場で思い当たる節があってつい共感してしまうかも知れませんよ。ぜひ観てみてください!

『白ゆき姫殺人事件』

2014年3月29日より全国公開

配給:松竹

http://www.shirayuki-movie.jp/

©2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 ©湊かなえ/集英社

トーキョー女子映画部での紹介記事

女の怖さは女が一番知っている!?アンケート結果発表(女子部員221名が回答)

http://www.tst-movie.jp/voice01/vc31_140320001.html

中村義洋監督インタビュー

http://www.tst-movie.jp/special01/sp30_shirayukihime_satsujin_director.html

映画批評/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き

http://www.tst-movie.jp/hh03_sa/hh03_sa_shirayukihime_satsujinjiken.html

イイ男セレクション/綾野剛

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_a.html#selemen_Ayano_Gou

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

『白ゆき姫殺人事件』、綾野剛が鏡を見て「俺、かっこ良いぜ」と思う!? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.