トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

27 5月

園子温監督のスカウトはリアルなナンパ?『新宿スワン』

Posted in 未分類 on 27.05.15 by Merlyn

映画『新宿スワン』ジャパンプレミア、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介、金子ノブアキ、深水元基、山田優、豊原功補、園子温監督、鈴木おさむ(脚本)、山本又一朗プロデューサー

2015年5月7日、『新宿スワン』のジャパンプレミアが行われ、豪華キャスト&スタッフが登場しました。本作の舞台が新宿歌舞伎町であることにちなんで、今回はTOHOシネマズ新宿が会場で、舞台挨拶前にはレッドカーペットイベントも行われました。

園子温監督は、今回の挨拶のためにメモを用意し、「この映画はベストセラーの漫画が原作であり、これだけの豪華キャストが集結し、300館以上で公開されるメジャー映画であり、私にとって初めての大いなる挑戦でした。いろいろな困難がありましたが、最高のキャストとスタッフのおかげで今日この新宿歌舞伎町で完成披露を迎えることができ、最高の気分です。僕も映画館に何度も足を運びたいと思いますので、そのときにもし僕を見つけたら声をかけて頂けたらと思います」と読み上げました。脚本を担当した鈴木おさむは「過去に大ヒット漫画を映画化して文句を言われる作品をたくさん観てきました。でもこの作品はそんな風にしたくないと思って一生懸命に取り組みました。沢尻さんが演じたアゲハの愛の物語と、男と男のぶつかり合いの部分は特に意識して書きました。スカウトについては、何か参考になるものはないかと自分の携帯に入っていた福岡のキャバクラ嬢に連絡をして、良いスカウトマンを教えてくれっていうやり取りをしました。そしたらそのやり取りが奥さんに見つかって怒られてしまったんですよ(笑)。そういう意味でもいろいろなリアルが詰まった作品になっています」と語りました。

綾野剛は今回の役柄へ取り組みについて「まずは出し惜しみをしないということを心掛けました。過大な表現方法になろうともそれを怖がらずに表現し続けて諦めないということに徹しました。原作の漫画を丁寧に読んで、髪型や表情などいろいろなものを汲み取りながら演じました。ちなみに劇中の髪型は、よくカツラなんじゃないかって言われるのですが、地毛です(笑)」とコメントし、本作のヘアメイクの技術を褒めていました。また各キャストの衣装も一点もので作られていることも明かしていました。

沢尻エリカは、自身の役柄について「アゲハは新宿の闇に落ちてしまった可哀想な子なのですが、すごく希望を持って生きている女の子です。そういう健気な部分は女性の皆さんに共感して頂けたら良いなと思っています」と語りました。山田優が映画の感想について「お腹の底がギュッとなるような戦いのシーンがあって、男性の皆さんがめちゃくちゃカッコ良かったです。女性の皆さんにはそういった部分も楽しんで欲しいです」と話すと、伊勢谷友介が「お腹がギュッとするって、出産だからじゃないの(笑)?」とツッコミを入れ会場を沸かせていました。ちなみに山田優は昨年10月に第一子を出産しているのですが、出産前と変わらぬスタイルで登場していました。モデルや女優の体型を戻す早さって本当にすごいですね。
伊勢谷友介は今回の役柄について、「今までいろいろな役を演じてきましたが、こういう風になってはいけないと思いながら演じました(笑)。僕の役は深い闇を持っているキャラだったので、ある意味社会の闇の部分を体現しているのでおもしろかったです。でも原作だと僕のキャラは、この映画の後のお話でもっとハチ切れていくので、もうちょっとこの役を演じたい気持ちがあります」と、続編への思いも語りました。深水元基は「漫画の関というキャラがすごく魅力的だったのでとにかく魅力的に見せたいなって思いました。監督から体を大きくしといてと指示があったので、6キロ体重を上げて撮影に臨みました」と語りました。深水元基は、共演したキャストからも劇中のイメージと違い過ぎて誰だかわからなかったとツッコミを入れられていたほどです。どれだけ違うのかはぜひ映画でチェックしてみてください。

沢尻エリカのドレスがとても素敵でした!

続いてスカウトの話題になると…

MC:今日登壇された男性陣のなかで一番スカウトに向いていると思うのは誰ですか?

沢尻エリカ:監督ですね。現場で普通の女の子をスカウトしていたんですよ(笑)。さっきあっちにいた女の子が急に出ているっていうことがちょこちょこあって、監督はリアルにスカウトをしていました。

園監督:やっぱりこの映画に馴染むためには、僕もスカウトしなきゃって思ったんですよ。

綾野剛:それはちゃんと仕事としてやっていましたか!?

園監督:そりゃあ仕事としてやっていましたよ。心からスカウトマンの気持ちになろうって(笑)。

MC:ロケを見に来ていた一般の方に声をかけて出演してもらったということなんですね。何かこれを言ったらみんな来てくれるっていう口説き文句はありましたか?

園監督:「可愛いね」って言ったら、大体来てくれましたね。

綾野剛:それって園さんの主観が強くないですか(笑)?

園監督:そういうところもあるね(笑)。でもストリートっぽさを出したかったのもあるし、エキストラで来てくれた子も良いんだけど、本当にその辺に歩いている子に出て欲しいなって思ったんですよね。でも女の子だけじゃなくて、地元の男たちもナンパしましたし、毎日たくさん来てもらいました。

綾野剛:ナンパって言っちゃいましたね(笑)。

会場:アハハハハハ!

今回は登壇したキャストとスタッフの人数が多く、これだけ豪華な顔ぶれが並ぶとやはり圧倒されてしまいました。トーク中はそれぞれ個性的なキャラを発揮していましたが、ツッコミ合うやり取りからはキャスト&スタッフの仲の良さを感じました。そんな豪華キャスト&スタッフが贈る本作がどんな映画になっているのか、ぜひ劇場で確認してみてください!

『新宿スワン』

2015年5月30日より全国公開

http://shinjuku-swan.jp

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2015「新宿スワン」製作委員会

トーキョー女子映画部での紹介記事

映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定

http://www.tst-movie.jp/hh03_sa/hh03_sa_shinjukuswan.html

イイ男セレクション/綾野剛

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_a.html#selemen_Ayano_Gou

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

園子温監督のスカウトはリアルなナンパ?『新宿スワン』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.