トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

11 12月

J.J.が明かした、日本にまつわる本作のとっておきの秘密とは!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

Posted in 未分類 on 11.12.15 by Merlyn

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー

2015年12月11日、本作のJ.J.エイブラムス監督&デイジー・リドリーを始めとした主要キャスが来日し、記者会見が行われました。実はこの会見の前に、ディズニーランドでのフォトセッションが予定されていたのですが、悪天候のため中止となってしまいました。そのことについて監督は「今朝は天候に恵まれず、ディズニーランドでのフォトセッションができず、本当に残念でした。しかもその天候の影響で、電車も止まっていたと聞いています。皆さんそんな状況のなか会見に来てくださり、本当にありがとうございます」と、来場したマスコミを気遣い丁寧に挨拶しました。フォトセッションの中止は残念でしたが、監督の気遣いが紳士的でとても好印象でした。そしていよいよ会見がスタート。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバーまず、今年4月にも来日したデイジー・リドリーは「マタ、ニホンニコラレテウレシイデス」と日本語で挨拶し、「今日の午前中のフォトセッションが残念ながら中止になってしまったので、その時間を利用して原宿に行ってきました」と、早速観光したことを明かしました。また、初来日となったジョン・ボイエガは、「僕はアキバ(秋葉原)に行ってきました。そこでドラムやロボットを買ったり、ショッピングを楽しみました」と話しました。秋葉原を観光するのは、外国人の定番になっていますが、普通に“アキバ”と言っていることには思わず笑ってしまいました(笑)。

今回のキャスティングについて尋ねられると、監督は「皆の予定が空いていたから(笑)」と冗談を飛ばし、「“スター・ウォーズ”への出演は、ものすごい責任を伴い、さらにVFXなどの映像効果を除いても成立する質の高い演技が要求されます。でもここにいる3人や、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった若手俳優達は、本当に素晴らしい才能があり、柔軟性のある人達です。若い人達がだんだん成長していく物語というのは、とてもワクワクしますし、その俳優達の魅力が映画そのものの魅力になっていきます。そして一番大切なのは、ユーモアや、人間性といったハートの部分です。それは現場でも欠かせないものですし、キャラクターに命を吹き込む上でも大切なことだと思います」と話しました。

悪役カイロ・レンを演じたアダム・ドライバーは、「最初にJ.J.エイブラムス監督と会ったときに、この作品は最初の3部作(エピソード4〜6)に根付いた物語で、ジョージ・ルーカス(エピソード1〜6の監督)が黒澤明監督の作品に大きな影響を受けて、この“スター・ウォーズ”を作ったと聞きました。また僕が演じたカイロ・レンは刀のようなライトセーバーを持つキャラクターです。なので、僕もこの作品に参加するにあたり、黒澤監督の『七人の侍』や『隠し砦の三悪人』を拝見させて頂きました。でも実際にカイロ・レンという役を演じる上では、一旦その映画のイメージを捨てて、僕自身の新しいキャラクターづくりをするように意識しました。またライトセーバーや衣装、マスクは、カイロ・レンという人物を象徴する重要なアイテムとなっています」と語りました。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー「ハリソン・フォードやマーク・ハミルなど、過去作に出演しているキャストとの共演はいかがでしたか?」という質問に対し、デイジー・リドリーは「今ハリソン・フォードの名前が最初に挙がりましたが、彼は想像を遥かに越えるほど素晴らしい方でした。とても優しくてユーモアがあって、共演しているときも私が萎縮しないような空気を自然と作ってくれました。またキャリー・フィッシャーやマーク・ハミルも一緒にいてとても居心地の良い方達でした。それに3人とも、本当に“スター・ウォーズ”に対して熱い思いを持っていることを強く感じました」と、絶賛しました。J.J.エイブラムス監督は、本作のオススメポイントについて「“スター・ウォーズ”といえば、ロマン、冒険、コメディ、そしてアクションのある物語です。でもその中心にあるのは、キャラクター達の人間性だと思います。今回は全く新しい物語となっていて、ここにいる3人が素晴らしいキャラクターを演じてくれました。主人公は、デイジー・リドリーが演じるレイで、彼女は非常に強いハートを持った女性です。でも彼女はまだ自分がどんな人物でどんな立場なのかをわかっていないんです。そこで初めて友達になるのがドロイドのBB-8で、さらにレイがジョン・ボイエガが演じるフィンと出会うことで、いよいよ冒険が始まります。この冒険は、日本の方々にもきっと気に入ってもらえると思います」とコメントしました。また「この作品の秘密を日本のファンに一つだけ教えてください」という質問が挙がると、監督は「それは言えませんね(笑)」と答えていましたが、「実はこの作品のなかに登場する惑星に“タコダノ”というものがあります。それは、私が初めて日本に来たときに、高田馬場のホテルに泊まったことがあり、そのときの思い出をこの映画に入れて“タカダノ”と名付けました」と告白。まさか“スター・ウォーズ”に高田馬場にちなんだ惑星が登場するとは意外ですね(笑)。劇中でも要チェックです!

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー
会見の最後には本作に登場するBB-8も登場。球体のBB-8は顔も体もクルクルと回っていて、とても可愛かったです。監督&キャストの話を聞いていると、ますます気になる本作ですが、いよいよ来週末12月18日より公開となります。年末年始はぜひ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観に行きましょう!

 

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2015年12月18日18時30分 全国一斉公開

http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

© 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 

トーキョー女子映画部での紹介記事

映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定

http://www.tst-movie.jp/hh03_sa/hh03_sa_StarWars7_Force.html

 

イイ男セレクション/ジョン・ボイエガ

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_sa.html#selemen_JohnBoyega
イイ男セレクション/アダム・ドライバー

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_a.html#selemen_AdamDriver
イイ男セレクション/オスカー・アイザック

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_a.html#selemen_Oscar_Isaac

イイ男セレクション/ドーナル・グリーソン

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_ta.html#selemen_Domhnall_Gleeson

 

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

J.J.が明かした、日本にまつわる本作のとっておきの秘密とは!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.