トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

08 4月

おませなジェイコブと隣で見守るブリーが本当の親子みたい『ルーム』来日

Posted in 未分類 on 08.04.16 by Merlyn

映画『ルーム』来日記者会見、ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』来日記者会見、ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ

 

2016年3月22日、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンと、名演を見せた子役ジェイコブ・トレンブレイが来日。ブリーが「オハヨウゴザイマス」と日本語で挨拶した後、ジェイコブは「ブリーと僕でできるだけ皆さんの質問に答えます」と大人のようなしっかりとしたコメントをし、会場の大人たちを驚かせました。

「お二人は早くから役者としてのキャリアをスタートされていますが、今回の作品にどのような良い影響をもたらしたでしょうか?」という質問に、ブリーは「早くキャリアをスタートしたのは自分の選択だったんです。演技に大変な情熱があったからこそ、小さいときから演技をしていたし、演技がいかに人が持つさまざまな感情の色彩を表現できる術であるかを知っていました。だからこそジェイコブ君と初めて会ったときに、彼もまたクリエイティブな力を持つ役者さんだと感じました。彼自身が自分のクリエイティブな表現力を出せるよう、私達は皆で支えなければいけないと考えていたし、子役として求められている役を演じるために仕立て上げられるのではなく、彼の役者としての声、色、そういったものが発揮できるよう、役になりきれるようサポートすることに務めました」と返しました。続いてジェイコブは、「早く(演技を)始めて助けになったと言えば、助けになったと言えるんだけど、僕はまだ8歳で3作目なので、それほど助けになっていないかも。ブリーみたいに6歳で始めて、それからずっと今の年まで演技をしているような意味では助けになっていないと思う。でも助けになったのは、ハッピーな映画、ホラー映画、シリアスな映画、スーパーハッピーな映画とあるけれど、それを全部足すとジャックの演技になるのかなと思います」と、大きなジェスチャーで答えてくれました。マイクを持つ手がジェスチャーの大きさでグラグラ口元から離れるのを、ブリーが手を添えてジェイコブの口元に戻そうとする風景が本当に親子みたいで、すごく微笑ましかったです。

映画『ルーム』来日記者会見、ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ続いて役作りについて苦労した点を尋ねられると、ブリーは「8ヶ月間かけて、実際に彼女が置かれた状況が、彼女の肉体、精神にどういう影響を与えるのかということをきちんと準備して撮影に臨みました。特に大きかったのは、親であること、性的虐待を受けているサバイバーであること、どちらもとても複雑な事柄なので、だからこそ真実に迫る、自身に向き合った表現をしなければならないと感じて、時間を割きました。演技を観て頂いた虐待のサバイバーの方や、子どもを持つ方々が、自分たちを語る演技をしていると感じて頂ければ嬉しいです」と語りました。8ヶ月もかけたなんて、すごいですね!その熱意と努力がアカデミー賞主演女優賞の受賞に繋がったんですね。続いてジェイコブは、「ジャックはすごくハッピーな男の子なので、もっとアクティブにならなければいけなかったんです。でも何より僕は8歳だったので、3歳若くなって5歳を演じるのが大変でした」と答えましたが、そう言われてみれば確かに大人にとってのの3歳分と子どもの3歳分は全然違うな〜と改めて思いました(笑)。そういう意味でもジェイコブの演技は名演だったなと改めて感じました。

アカデミー賞の受賞については、「受賞の瞬間、自分の名前が読み上げられたときは、とてもシュールな体験でした。頭のなかが真っ白になって、ステージの階段を上がったことも、どんなスピーチをしたかも、全く覚えていません。でも逆に感謝しています。というのが、準備したスピーチではなく、本当にその場で浮かんだ心からの言葉を皆様にお伝えすることができたし、公の場で自分が今に辿り着くまで助けてくださったたくさんの方々に感謝できたからです」と当時を振り返りました。一方ジェイコブは、「オスカー行ったことは、Xboxで遊ぶことよりもずっと楽しかったです」と子どもらしい回答が得られました(笑)。本当にジェイコブが可愛くて、メロメロになりましたが、ブリーの素晴らしい演技と、ジェイコブの可愛い名演をぜひ映画でご覧ください!

 

映画『ルーム』ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』

2016年4月8日より全国順次公開

公式サイト:http://gaga.ne.jp/room/

©ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

 

トーキョー女子映画部での紹介記事

映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定

http://www.tst-movie.jp/hh09_ra/hh09_ra_ROOM_BrieLarson.html

 

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

おませなジェイコブと隣で見守るブリーが本当の親子みたい『ルーム』来日 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.