トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

25 4月

東出昌大、窪田正孝、マニア診断で本性丸裸?『ヒーローマニア-生活-』

Posted in 未分類 on 25.04.16 by Merlyn

『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会舞台挨拶、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎、船越英一郎、豊島圭介『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会舞台挨拶、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎、船越英一郎、豊島圭介監督

2016年4月20日、本作のキャストと監督が一同に揃い、舞台挨拶を行いました。本作でリーダー役を務める東出は、「先ほど聞いた話では、この300席のチケットが20分で完売したということで、僕らとしては嬉しい限りです。『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会舞台挨拶、小松菜奈今日は一般のお客様が観るのは初めてなので、楽しんで頂ければと思います」と来場のお礼と合わせて挨拶。次に窪田は「赤いニットを被っている方がたくさんいらっしゃって土志田カラーが嬉しいです。出てくる人達が皆変わり者で変態ですごく個性豊かなマニアックな人たちの集まりなんですが、そんななかで遊び心を持ちつつすごくエンターテイメントな作品になっています」と作品をアピールしました。豊島監督は、「5年前から企画をしました。まさかこんな素晴らしいキャストに集まって映画ができるとは当時は夢にも思っていませんでしたが、本当に素晴らしい映画ができたと思います。すごく気にしたのは、俳優の方達の今までのパブリック・イメージと全然違う顔を撮れたらなと思って撮りました」と作品へのこだわりを明かしました。

現場の雰囲気について東出は、「この映画は変態の映画って言って過言じゃないなと思うんですけど、豊島監督も変態でずっとモニターの横でにやにやしていました。緊張感はもちろんあるんですけど、怒鳴り声が聞こえたりすることもなく、皆仲良く楽しくっていう空気感がこの映画に出ていると思います。窪田君も、小松菜奈ちゃんもそれぞれ差し入れを持ってきてくれて、アイスの差し入れがあると寡黙な職人タイプでずっとアクションをやっている窪田君が、“ヘイ!”って急にテンションが上がるし、小松菜奈ちゃんもダジャレ言わせたら天才的ですし、皆個性的で濃いひと夏を過ごせました」とエピソードを披露しました。今回の舞台挨拶もとても和やかで楽しいムードが溢れていましたが、きっと現場もこんな感じで良いチームワークができていたんでしょうね。

『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会舞台挨拶、窪田正孝次に本作の“マニア”にちなんで、心理カウンセラーの晴香葉子先生が登壇し、キャスト、監督の化けの皮を剥がそうという企画が実施されました。それぞれ何のマニアなのかを聞かれて、監督は“悪女マニア”、片岡鶴太郎は“ヨーガマニア”、船越英一郎は“人間マニア”、小松菜奈は“古着マニア”と答え、次に窪田正孝が“冷たいものマニア”と回答。前述でアイスでテンションが上がったのに合点がいきますね(笑)。その窪田の回答に先生は「窪田さんは“とりあえず動いてくれるヒーロー”です。冷た〜いとか言ってる自分が好きなんですよね。やや自虐的なところがあり、刺激を好み、ちょっと年齢よりも子どもっぽかったり、無邪気なところがあるヒーロー」と診断。客観的に聞いていてもなかなか合っていそうな診断結果に、会場も笑いで包まれました。続けて「刺激が好きな人は危険が伴うんですけども、仲間にとっては突破口となる方なので、ヒーローのチームとしては“お前から行ってこい!”と言って行ってくれるのは有り難い存在だと思います」と先生からコメント。土志田のキャラクターにも通じるところがありますね!最後に東出は“落語マニア”と回答、これに先生は「受け身なヒーローです。行動的なんですが、不必要な冒険は好まないタイプの方が落語などを好みます。おもしろいとわかっているものを聞いて笑っているわけですよね」と問いかけると、東出も「たしかに、たしかに」と返し、「喜怒哀楽はすごく好きなんですが、あまり表面的に激しく出しません。フフと内面で思うようなところがあって、先ほど控え室でもそうだったんですが、返事がワンテンポ遅れるんですよ。自分のなかで噛みして聞き上手に見えるので、女性にはモテるけれど、行動的ではないので浮気はしない男性だと思います」と診断しました。『ヒーローマニア-生活-』完成ヒーロー上映会舞台挨拶、東出昌大監督は「その通りだと思います。東出さんは返事はしてくれるんですけど、心がこもってないようで、何を考えているのかわからないんですが、秘密がわかりました」と言うと、東出は「(当たっていて)怖いです。友達といるときはハハハハって笑うんですけど、家でテレビを観てておもしろいときはヘッくらいなんですよ。今皆にうなづかれているっていうことは、そういう風に思われてたんだと思って、ビックリしました」と診断を素直に受け入れていました(笑)。

診断は、ご本人たちの反応からしても、キャストの本性を見事暴いたようでしたが、本作での役柄にもすごくピッタリで、キャスティングの良さも物語っていました。監督が語ったように、キャストの新しい一面も観られるので、劇場でご自身の目で確かめてください!

 

 

 

 

『ヒーローマニア-生活-』

映画『ヒーローマニア-生活-』東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎2016年5月7日より全国公開

配給:東映、日活

http://heromania.jp

©福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事

 

映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定

http://www.tst-movie.jp/hh06_ha/hh06_ha_heromania.html

 

■イイ男セレクション/東出昌大

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_ha_Higashide_Masahiro.html

■イイ男セレクション/窪田正孝

http://www.tst-movie.jp/selemen/selemen_ka_Kubota_Masataka.html

 

トーキョー女子映画部サイトに戻る→ http://www.tst-movie.jp/index.html

東出昌大、窪田正孝、マニア診断で本性丸裸?『ヒーローマニア-生活-』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.