トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

11 2月

会場中の女子が複雑な心境で見守った男子2人のラブシーン!?『きょうのキラ君』

Posted in 未分類 on 11.02.17 by Merlyn

映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、川村泰祐監督『きょうのキラ君』完成披露イベント、中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、川村泰祐監督

 

『きょうのキラ君』完成披露イベント、中川大志、飯豊まりえ

カーテンの刑を再現後の2人が照れてカワイイ

来場者のほぼ100%が女子というなか、主演の中川大志、飯豊まりえが劇中の一番の胸キュンシーン“カーテンの刑”の再現で登場。映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、中川大志白いカーテンの向こうに映るシルエットに会場中の女子がキャーっと歓喜の声をあげました。少女漫画の実写化映画に初主演の中川は「すごく監督にいろいろ教えて頂いて、こうしたら観てくれる女の子達がキュンキュンしてくれるんじゃないかとか、こうやってチューしたら良いんじゃないかとか、こうやって抱きしめたらいいんじゃないかとか、監督がもうね、恋愛マスターで」と監督を称賛。それに対して川村監督は「初めて大志君と会ったときに、“どう思う、この漫画なんだけど”って言ったら、“僕自身があります!”って、キラキラした眼で言ったのがすごく記憶に残ってて、これはいけるかもと思いました」とコメント。すると中川は「やったるぞ!と思ってやりました」と言うと、監督が「やりきれた?」と問い、「やりきりました!」と本作の出来映えに自信を表しました。飯豊はそんな中川について「本当に漫画の世界から飛び出てきたんじゃないかと思うほど、カッコ良いキラ君を演じていま映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、飯豊まりえした。すごく現場の雰囲気作りもしてくれて、すごく助かりました」と絶賛。褒められた中川は照れながら「初めて経験することもいっぱいあったし、絶対普段言わないようなセリフもあったんですけど、いっぱい家でつぶやきながら練習しました」と返しました。

ニノ役について飯豊は「ニノちゃんはすごくまっすぐで純粋な子なので、計算するっていうよりは、相手の気持ちを感じてとか、一生懸命ぶつかったら気持ちが届くだろうなっていう風にやっていったので、高校生のときにできなかった青春を短期間で経験できた感じです」と答え、司会が「ニノちゃん、かわいいですもんね」と中川に同意を求めると、中川は「かわいい、かわいい、かわいいんですよ!ほんとにかわいい」と、飯豊が演じたニノのかわいさに太鼓判を押しました。

映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、葉山奨之今回のキャラクターのなかでムードメーカーだった矢部を演じた葉山は、司会から「役柄では矢部がムードメーカーでしたが、(普段)このなかでムードメーカーは誰だったんですか?」と聞かれ、「僕です。この現場で一番最年長だったんですけど、今まで自分が最年長っていう現場はなくて、どうして良いかわからなかったんですけど、この3人が仲が良すぎるので、僕もそこに入っていって“Hey,hey,hey”て感じで」と言うと、アメリカンなノリに他の3人がツッコミを入れて、仲の良さが自然に表れていました。次にドSな澪役を演じた平は、「ドSな女の子の役は初挑戦だったので、自分でも難しくて不安ばっかり感じていました」と答えると、飯豊が「私はプライベートのたいちゃん(平)をすごく知っているので、どんな感じで演じるのかと思ったら、すごく澪ちゃんでした。グイグイきました」と絶賛。

映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、平祐奈そんな4人を演出した監督は「漫画が原作の映画化は、キャラクターが一番大切なので、キャスティングに一番時間をかけました。とにかくこの4人がうまくいかないと、この映画はうまくいかないなと思っていたので、プロデューサー含めスタッフの方々と、半年くらい揉みました。やってみて思ったのが、この4人で本当に良かったなと思いました。たぶん観てもらえばわかるんですけど、原作ファンもこの4人で良かったなと思ってくれるできになっています」とコメントしました。

そして、この日はさらに舞台上でもう一つの胸キュンシーンを再現。頼まれた中川は「しょうがないな〜」と爽やかすぎる笑顔で承諾。ここで再現するシーン(“チューしていいっすか?”)を改めて観た中川は、顔を真っ赤にして照れた顔を見せました。本来なら相手役の飯豊も一緒に再現するところを、それではおもしろくないということで、司会が「くじ引きで再現相手を決めます」と言うと、会場からキャーっという声があがり、(でも実際のくじ引きで決める候補は飯豊、平、葉山から決めるという意味だったので)中川は「お客さんが自分達が選ばれるかもって一瞬思いましたよね」とすかさずツッコミ、会場中の女子が笑ってごまかしていました(笑)。そして、くじ引きの結果、なんと葉山がアタリ!男子2人で再現しました。

映画『きょうのキラ君』完成披露イベント、中川大志、葉山奨之途中からはまるで、ダチョウ倶楽部の上島と出川哲朗のお約束のギャグのように私の目には映りましたが、ギリギリのところでチューはせず(笑)。そこは俳優さん同士で、芸人さんではないですから、当然ですね。会場中の女子は、(男子同士でチューしなくて)良かったと思ったり、残念だと思ったり、いろいろな心境で観ていたのではないでしょうか(笑)。そんな再現シーンをふんだんに見せてくれた今回のイベントでしたが、劇中ではキュン死しちゃうんじゃないかと思うくらい素敵なシーンになっています。舞台上と同じく、劇中でも4人とも本当にキラキラしているので、このキラキラ、キュンキュンをぜひ堪能してください。

完成披露試写会:2017年1月26日取材 TEXT by Myson

 

映画『きょうのキラ君』中川大志/飯豊まりえ『きょうのキラ君』
2017年2月25日より全国公開
ショウゲート
公式サイト
©2017「きょうのキラ君」製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/中川大志
TJE Selection イイ男セレクション/葉山奨之
トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

会場中の女子が複雑な心境で見守った男子2人のラブシーン!?『きょうのキラ君』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.