トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

10 5月

池松壮亮が思わず体調を悪くした質問とは?『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

Posted in 未分類 on 10.05.17 by Merlyn

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶、石橋静河、池松壮亮、松田龍平、田中哲司、石井裕也監督映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶、石橋静河、池松壮亮、松田龍平、田中哲司、石井裕也監督

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶、石橋静河石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の完成披露試写会が都内で行われ、石橋静河、池松壮亮、松田龍平、田中哲司、石井裕也監督が上映前の舞台挨拶に登場しました。

2016年に出版され、現代詩集としては異例の累計27,000部の売り上げを記録した最果(さいはて)タヒの同名詩集を原作とした本作は、東京の片隅で不安や絶望感を抱えながら生きる男女が奇跡的に出会い、反発し合いながらも少しずつ心を通わせていく物語。看護師をしながら夜はガールズバーで働くヒロインの美香を、石橋凌と原田美枝子の次女でこれが映画初主演となる石橋静河が演じ、工事現場で日雇いの仕事をしながら常に死の気配を感じている青年、慎二を池松壮亮が演じています。

実力派俳優に囲まれながら主演に大抜擢された石橋は「初めての主演でしたが、たくさん闘ってたくさんの人に助けられました。そして、すごい映画になったと思います。石井監督はとてもレベルの高いものを作ろうとする方で、自分には技量も経験もないけど、どうにかしてその思いに応えたいと思って闘いました!」と堂々と述べ、新人らしからぬ存在感を見せつけました。撮影中は監督からどんな言葉を掛けられたかと聞かれると「“もっと闘え!”と言われました。最初はどういうことかわからなかったのですが、この映画に出てくる人達は東京で生きることで、ものすごく闘っている。そこに添うための努力が必要だったのだと思います」と述懐しました。

慎二役の池松は3度目の石井組ということで、今回の撮影現場の雰囲気を問われると「いつになく年齢的に若いスタッフが揃った現場で勢いがありました。完成作品を観てすごくドキドキしたし、良い映画だと思いました」と静かな口調ながらも満足気に語りました。そんな2人の演技について聞かれた石井監督は、「池松くんはものすごい才能があって、これだけ才能があると、生きるのが大変だろうなと心配になりました。石橋さんはどちらかというとご両親にお世話になっていて、お世話になっている人の娘という感じですね(笑)。女優としてはすごくどっしりとしていて、堂々としていると思いました」と、2人の才能と存在感を賞賛しました。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶、石橋静河、池松壮亮、松田龍平、田中哲司

慎二と同じ工事現場で働く智之役を演じた松田は「完成した作品はいろいろと想像を超えていました。良いタイミングでこの作品に参加できたなと確信したし、今の石井裕也と一緒にいたいと思っていたので、運命的なものを感じました」と語り、それを聞いた石井監督は「えーと、ここ暑いね」と顔を赤くして照れながらも「僕も『舟を編む』以降、また一緒にやりたいと思っていたけど、それがこの作品で良かった」とうれしそうに答えました。同じく慎二の仕事仲間である岩下を演じた田中は「この映画のマスコミ試写に小林薫さんが来てくださって、帰りに一緒に飲みに行ったんですが、この映画を観る前と後では渋谷の街並みが違って見えました。東京も良いなと思えるステキな映画です。どうぞ、楽しんでください!」とにこやかな表情で客席に呼びかけました。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台挨拶、池松壮亮最後は、本作のタイトルにかけ「東京を色に例えると何色ですか?」とMCから質問が投げ掛けられると、石橋は「透明。いろいろな人がいて、いろいろな場所があって、同じ場所でもそこにいる人や空気感で、何色にでも染まるから」と回答。池松は「この質問のせいで体調が悪いんですけど…」と冗談めかしながらも「ピンク。桜が咲いていてきれいなので」と春めく東京の姿を色に例えました。松田は「赤、青、黄色。“止まれ、進め、どうする!? ”っていう…。ああ、コレだ!と思って」と独特の回答を披露すると、池松から「いきなり、“どうする!?”ってダメでしょ!」と厳しめのツッコミが入り、会場からは笑いが起こりました。最後は登壇者を代表して池松が「人の思いとか人の死とかが置いていかれる時代に、誠実な男の役をいただいてホっとしたし、すごく良い映画ができたと思います。ぜひ、観てください」と挨拶し、石井監督も「自信作です。皆さんの感覚のどこかを刺激するような、新しい恋愛映画になったと思っています。脳みそや感性を総動員させて観ていただけたらうれしいです!」と呼びかけ会場を後にしました。

完成披露舞台挨拶:2017年4月17日取材 TEXT by min

 

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石橋静河/池松壮亮『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
2017年5月13 日新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開、5月27日より全国公開
配給:東京テアトル
ⓒ 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評、デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/池松壮亮
TJE Selection イイ男セレクション/松田龍平
TJE Selection イイ男セレクション/田中哲司

トーキョー女子映画部サイトに戻る

池松壮亮が思わず体調を悪くした質問とは?『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.