トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

25 10月

生田斗真、すねる健太郎を必死にフォロー『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

Posted in 未分類 on 25.10.17 by Merlyn

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』完成披露イベント舞台挨拶、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』完成披露イベント舞台挨拶、生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』完成披露イベント舞台挨拶、広瀬すず

本作がファンに初めてお披露目されたイベントに、キャスト、監督が勢揃い。主演の生田斗真は会場に詰めかけたファンにお礼を述べた後、「広瀬すず史上最強に可愛い映画ができたと思います。きっとおそらく数年更新されることはないでしょう。世の男子諸君、覚悟して映画館に来るように!」とコメント。すると会場から“ヒュー!ヒュー!”と声援が飛び交いました。広瀬すずは、「本当に伊藤先生がカッコ良いです。伊藤先生がいてくださったから、響(役名)を真っ直ぐに生きられたなと思います」と褒め返しました。

そんな2人に、司会から「初めて会った時の印象はどうでしたか?」という質問が投げかけられると、生田は「初めて会った時は、僕が某金髪の潜入捜査官の映画を撮っていて、(広瀬すずは)某チアリーディングの映画をやっていて、たまたまスタジオのメイク部屋でばったり会って。その時、僕が衣装さんに借りてたルームウェアを着てて、髪はオールバックなのに、モコモコのやつを着て“初めまして”って。ちょっと恥ずかしい出会いだったかも知れないです」と明かしました。広瀬は「伊藤先生がどんな風に変わっていくのかなって思ってたんですけど、2回目お会いした時は舞台を観に行かせて頂いて、その時はヴァンパイアだったので、なんだかよくわからなくて(笑)」と、当時を振り返りました。

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』完成披露イベント舞台挨拶、森川葵、比嘉愛未

続いて、仲良しグループという設定だった、広瀬すず、竜星涼、森川葵に「どういう関係性だったんですか?」という質問がふられると、広瀬は「実際にも3人でいると、響は末っ子っぽい感じで、実際に年齢もお二人のほうが上で。なんかこうスッと居心地が良かったです」とコメント。竜星は「すずちゃんが、撮影当時現役高校生だったので、僕としてはそのすずちゃんの隣りに制服姿でいて、“大丈夫かな?”と思っていました。でもきっと大丈夫だったと…、三木さん、大丈夫でしたか?」と不安を述べると、三木監督が「大丈夫!大丈夫!」と答え、周りから「2回言う人って、嘘ついてる人なんだよ(笑)!」とツッコミが入りました。そんな様子から、現場でも和気あいあいだったんだろうなと伝わってきました。

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』完成披露イベント舞台挨拶、竜星涼、健太郎

他校の弓道部のエースを演じた健太郎は「さっき、判明したことがあって。自分が知らないところで、皆さんがクリスマス・パーティをやったり、ラーメンを一緒に食べに行ったりっていうのを聞いたんですけど、知らなくって、ちょっと寂しいなって思いました」と、他校生役のために輪に入りそびれた悔しさを語りました。そこで、(それらに)行った人は誰かと挙手で確認してみると、中村倫也もメンバーに入っていなくて、「俺もか!」と反応し、新事実が発覚し、おもしろい展開になりました(笑)。生田が「撮影が去年の11,12月くらいだったんですよね。ちょっとクリスマスも近いしパーティやれたら良いねということになって、スタッフが泊まっている宿の会議室をお借りして、皆で手作りで輪っかの連チャンの飾りを付けたり、すずちゃんがたこ焼きを焼くベースがあったり…。あれ、健太郎知らないっけ?」とふると、健太郎は「それはネットニュースに上がってて、僕、家で一人で見てたんですよ。“楽しそうだな〜”って思いながら、ふせって寝ました」と返し、見事にオチがつきました(笑)。

次に、中村倫也が会場に向かって陽気な挨拶をすると、広瀬すずがそれを観て爆笑。中村は「すずちゃんの前で悪ふざけし過ぎて、今日1年ぶりなのに、顔を見ただけで笑われて。…失礼だろ!」とツッコミました。すると生田は「大人気なんですよ、倫也は」と言い、中村が「そうなんですけど、それを現場でずっと見てて、斗真君が嫉妬してるんですよ」と返すと、生田が「俺、そういうキャラじゃねいしって感じでした」と語り、当時の様子を明かしました。

これまで多くのラブストーリーを手掛けてきた三木監督は、「僕はラブストーリーを作ることが多いんですけど、意外に(他の作品には恋愛以外の)他の要素がいっぱいあるんです。でも今回は、響の伊藤に対する初恋を丁寧に描いていくっていうところにストイックな部分があって、それが最初は不安で、結構主演の2人に負担がかかる作品になるんじゃないかなと。感情で見せなければいけないところが多いんですが、インしてからの2人の関係が観ていて素敵で、しかもセリフで多くを語るんじゃなくて、表情ですごく雄弁にお芝居をしてくれていて、それを撮っているだけでこっちがキュンとなりました。ぜひこれから映画を観る皆さんは、特にこの2人のアップの表情で、ちょっとした目の動きとか、ちょっとした息づかいとか、細かいお芝居を楽しんで頂けたらなと思います」と、生田と広瀬の名演ぶりを語りました。

最後に広瀬すずは「初めての本格ラブストーリーで、ここまで真っ直ぐな女の子を演じるのがすごく気持ちが良くて、今恋をしている方でもそうでない方でも、人を想うって良いなって思ってもらえるような、本当に何か受け取るものがある作品になったと思います。思う存分、伊藤先生にキュンキュンしながら、響の気持ちを共有してもらえたら嬉しいです」とコメント。生田は「学生さんや若い方に観て頂いても、少し大人になった世代の方々がご覧になっても、恋をすることの素晴らしさを再確認できる映画になったんじゃないかなと思います」と締めました。

生田斗真のカッコ良さ、広瀬すずの可愛さ、そして演技力が存分に活かされた本作。皆さん、ぜひスクリーンで堪能してください!

完成披露試写会舞台挨拶:2017年9月26日取材 TEXT by Myson

 

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』広瀬すず『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
2017年10月28日より全国公開
公式サイト
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/竜星涼
TJE Selection イイ男セレクション/健太郎
TJE Selection イイ男セレクション/中村倫也

トーキョー女子映画部サイトに戻る

生田斗真、すねる健太郎を必死にフォロー『先生! 、、、好きになってもいいですか?』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.