トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

21 1月

松坂桃李、新田真剣佑、間宮祥太朗が、素の彼らを想像させるエピソードを披露『不能犯』

Posted in 未分類 on 21.01.18 by Merlyn

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督

 

本作のPRで、キャスト、監督が舞台挨拶に登壇。こうしてメインキャストが揃うと美男美女率がスゴいなと改めて思いました。客席からは、男性キャストの名前を呼ぶ声援がたくさん飛び交いつつ、女性陣に対しても「綺麗!」という声が聞こえてきました。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、松坂桃李主人公、宇相吹正を演じた松坂は「楽しかったです。僕の役どころは、欲や業にまみれた人達を死に誘っていく立ち位置だったので、見事に“あなたもそっちに行っちゃうんですね”っていう瞬間に立ち会えて、宇相吹の笑みがこぼれる理由がわかりました」と当時を振り返りました。沢尻は松坂演じる宇相吹について、「すごく怖かったです。現場で初めてお会いさせて頂いた時に、キャラクターがそのまま出てきたんじゃないかと思うくらい、イメージがピッタリで。ほんとに近づきにくいオーラがあって、しゃべりかけられないし、本当にちょっと怖いくらいでどう接していいかわかりませんでした」とコメントし、白石晃司監督も「演じる時は豹変しますから」と同意していました。

新田真剣佑は劇中では宇相吹とのシーンはなかったので、仮に彼と対峙したらどう思うかと想像して、「たぶん(彼のマインドコントロールには)かからないと思います」と答えると、松坂が「(宇相吹は新田真剣佑を)コントロールできない?自分に勝てる?自分の弱い意志に?」と再度問うと、「うん」と返して、天然ぶりを見せました。間宮は「松坂さんは身長もこれだけあるので、現場のいろんな場所で宇相吹の格好でヌボ〜っと立ってると、ビックリするんですよね。存在感が異質というか、宇相吹の周りだけなんか色が出てるようでした」と話しました。司会から「役にずっと入ったまま現場にいたんですか?」と聞かれると、松坂は「そのほうが今回は良いのかなと。割とピリッとしたシーンも多かったですし、神出鬼没するキャラクターということもあったので。皆さんは和気あいあいでしたけどね」と答えました。芦名は「すごく手とかが印象的なシーンがあるんですが、本当に枝みたいに見えるお芝居をされるんですよ。それが異様で歪(いびつ)で、本当に漫画に出てくる、宇相吹のまんまの姿だったので、本当に話しかけられなかったです」と、松坂の役作りを称賛しました。矢田は「松坂さんの宇相吹役のビジュアルが本当にそのもので“うわっ!怖い!”と思ったんですけど、私は演じていない部分での松坂さんと和やかに話をしていました。でも、私とのすごいシーンがあるんですけど、その時には豹変されるので、切り替わるスイッチがスゴいなと圧倒されました。想像を超えるお芝居をされていてビックリしました。そこまでやるんだ〜と思いました」と褒め称えました。

そして、宇相吹の決めゼリフ「愚かだね、人間は」にちなんで、過去を振り返って愚かだなと後悔する行為をそれぞれ発表。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、矢田亜希子矢田は「甘いものが大好きなので、ケーキを2個買って、2個目を食べる時に、今日も明日も何も食べないと決めておきながら毎回食べてしまうっていう…。宣言しておきながら、自分にゆるいところが愚かだなと思います」と、スイーツ好きの女子なら多くが感じたことがある後悔を述べました。女優さんも同じなんですね(笑)。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、芦名星芦名は「缶の飲み物をよく飲むんですけど、缶を振ってから空けて飲んで、しばらく経つと空けたことを忘れて、また振っちゃうんですよ。それが結構よくあって、パシャーっとなるんです。1回空けた缶は置くようにしているんですけど、冬は寒いので手に持ったままが多いので、缶が空いてるのに振っちゃうんですよね。私服の時はまだ良いんですけど、お衣装の時にやっちゃうととても迷惑をかけてしまうので、現場ではマネージャーさんに持ってもらったりしています」と自身のクセを明かしました。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、間宮祥太朗間宮は「結構大きな多肉植物がたくさん、庭っぽく入ったオシャレな頂き物があったんです。その後に、家のなかで種を一粒ずつ入れて育てるポットで野菜を育てようと思って、湿度が必要なので、お風呂のお湯を出したり、家の湿度を高くしていたんです。そしたら、翌日多肉植物が全部死んでしまっていて。一つのことに気を取られるとこうなるんだなと思いました」と反省を述べました。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、新田真剣佑新田は「家でホットミルクを飲もうとして、レンジでチンをしてたんです。同時に母とテレビ電話をしていたので気を取られて、マグカップを取り出したら、温めすぎてすっごく熱かったんですよ。でも熱い時って反射神経で振っちゃうじゃないですか?」と言うと、「真剣佑も振っちゃうの?」と周りからツッコミが(笑)。「それ以上部屋を汚したくなかったと思ってたのか、2、3秒くらい持ったままゆっくり置いたら、水ぶくれができて、まだ今も痛いです」とエピソードを披露し、母親との仲の良さとおっちょこちょいぶりを伺わせました。

映画『不能犯』完成披露舞台挨拶、沢尻エリカ沢尻は「その手の話はいっぱいあります(笑)。3年くらい前、一つ前の家に引っ越した時の話です。すごく気に入って、一階がガレージになっていて、3、4台くらい駐められて、2、3階が部屋になっててめちゃめちゃ良かったんです。その契約のタイミングで新車に買い換えたんですけど、家の契約の日と納車の日が同じで、車が来たらガレージに入らなかったっていう…(苦笑)。私道を挟んだ先の奥まったところに家があって、その私道がすごく狭くて。結局、少し歩いたところに駐車場を借りてました」と後悔の念を語りました。豪快なエピソードですね!

松坂は「行為っていうよりは、愚かな考え方をしてしまったという、ほんとちっちゃい話なんですけど、こないだ鎗ヶ崎の交差点あたりを歩いていて、あそこってスケボーをやってる人がいるんですね。人の間を抜けていくのを見て、“危ね〜な〜”って思いながら、“転ばないかな〜。転べ、転べ、はい、転んだ〜”っていう(苦笑)。その瞬間、“いかんな”と思いました」と明かすと、周囲から「ワルッ!」と反応されていました。「大丈夫かなと思うより先に、“ほ〜ら、そんな危ないことしてるから。あ〜あ”って思いましたね」と、宇相吹っぽい一面を見せました(笑)。

最後に監督は「(キャストに向けた黄色い声援に対して)スゴいですね!これだけ人気のある役者さん達と仕事ができて、本当に嬉しく思います。映画のなかでどんな活躍をしているか、しかと観て楽しんでください」とコメント。松坂は「(デートが多くなるシーズンに)恋愛ものでホッコリするのも良いですが、『不能犯』を観て、たまにはゾッとするのも悪くないなと、きっと思うはずです。本当におもしろ怖いです」と本作への自信を覗かせました。ぜひ、美男美女が繰り広げるゾッとするストーリーを堪能してください!

『不能犯』完成披露舞台挨拶:2017年12月21日取材 TEXT by Myson

 

 

映画『不能犯』松坂桃李『不能犯』
2018年2月1日より全国劇場公開
公式サイト

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
TJE Selection イイ男セレクション/松坂桃李
TJE Selection イイ男セレクション/新田真剣佑
TJE Selection イイ男セレクション/間宮祥太朗
TJE Selection イイ男セレクション/安田顕

 

トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

松坂桃李、新田真剣佑、間宮祥太朗が、素の彼らを想像させるエピソードを披露『不能犯』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.