トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

05 10月

“納得のいく脚本を!”阿部進之介、藤井道人監督、山田孝之がオリジナルストーリーで勝負を賭ける『デイアンドナイト』

Posted in 未分類 on 05.10.18 by Merlyn

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー映画『デイアンドナイト』完成報告会見:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:山田孝之プロデューサー2018年10月5日、本作の完成報告会見が行われ、キャスト、スタッフが登壇しました。企画、主演の阿部は、映画が完成した気持ちを聞かれ、「感無量です」と喜びを表しました。オーディションで役に抜擢された清原は「たくさん勉強になりましたし、役者人生の中で自分の糧になると思いました」と挨拶。今回はプロデューサーに徹した山田は「最近、俳優として危機的状況で、自ら映画を作れば何とか存続できるのではないかと思い、阿部ちゃん、藤井君が企画を練っていたところに、ここしかないと思って入り込みました。何とか本(脚本)を作り、しかしキャスティングされず、何とかプロデューサーというところにしがみついて、この場にいます」と謙虚なコメントを残し、笑いを誘いました。

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:阿部進之介映画化した経緯を聞かれた阿部は、「僕がまず藤井君の映画を観た時に、本当に素晴らしい才能があるなと思ったんです。それで藤井君に近づき、映画を何本も観させてもらって、仲良くなっていくうちに“阿部さん、何かやりたいことあります?”って言ってくれて、2人で話合いが始まりました。で、ふとしたきっかけで、(山田)孝之に、“今、映画を作ろうと思ってるんだよね”って話をしたら、すごく興味を持ってくれて、3人で会ったっていうのが始まりですね」と振り返りました。

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:藤井道人監督藤井監督は「誰かからお願いされて始まった企画ではないので、まず脚本は納得のいくものを作ろうっていうところが、阿部さんと山田さんとの最初の合意でした。そこから脚本家の小寺和久さんと一緒に作品のモチーフである風車のある町を探したりとか、実際に風車のある町に泊まり込んだりしていくうちに、もっと良いモノになるっていう思いで書いていたら、2年、3年とどんどん経っていき、さすがにそろそろ撮らないとなっていうところまできたのが2017年ですね。人生においてこんな脚本作りはないだろうなというくらい、おもしろい脚本作りを、阿部さんと山田さんが演じながら、作っていくという手法でやらせて頂きました」と、裏話を披露しました。

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:安藤政信山田からのオファーを快諾して出演に至った安藤は、撮影の思い出を聞かれると、「その時期、映画もドラマもやっていて、僕の中で挑戦的な1年でした。“コード・ブルー”(『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』)から始まって、『きらきら眼鏡』、この『デイアンドナイト』と、あともう1作『STILL LIFE OF MEMORIES(スティルライフオブメモリーズ)』があって…。僕の中で“コード・ブルー”は、本当に出してもらって有り難かったし、あれでまた多少ですけど、全国区に返り咲いたっていうのもあったんで(笑)。“あ、生きてたんだ”っていう生存確認をしてもらえたというのもあって感謝してるんですけど、僕としてはもうちょっとやれた、もうちょっと出たかったというのがあったので、なんかこれにぶつけたい、絶対に応えたいという思いで秋田に向かったと思いますね」と自虐的なコメントで会場を沸かせました。

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:清原果耶また、今回約500名の中から選ばれた清原について、オーディションの時の感想を聞かれた山田は「本当に書類選考から500名くらいの方に参加して頂き、オーディション会場には100名以上の方に来て頂いて、皆さん素晴らしい芝居を見せてくださったんですが、清原さんが1シーンを演じてくれた時に、もう本当に奈々(役名)だったんですよ。圧倒的に奈々だったんですね。もうそれは“見つけた!”という喜びと、たった1シーンだけなのに、完全に奈々というキャラクターをくみ取ってくれていた喜びとで、まさか泣くっていう…。専属契約を結びたいという思いです」と、清原を絶賛しました。

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、藤井道人監督、山田孝之プロデューサーと、登壇者各人の一言一言から思い入れがひしひしと伝わってくる会見でした。完全オリジナルストーリーというところも見どころです。公開を楽しみに待ちましょう!

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、藤井道人監督、山田孝之プロデューサー

映画『デイアンドナイト』完成報告会見:2018年10月5日取材 TEXT by Myson

 

『デイアンドナイト』
2019年1月19日より秋田県先行公開/1月26日より全国公開
公式サイト
©2019「デイアンドナイト」製作委員会

 

トーキョー女子映画部での紹介記事

■映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定(後日アップ)
■TJE Selection イイ男セレクション/阿部進之介(後日アップ)
TJE Selection イイ男セレクション/安藤政信
TJE Selection イイ男セレクション/山田孝之

→トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

 

“納得のいく脚本を!”阿部進之介、藤井道人監督、山田孝之がオリジナルストーリーで勝負を賭ける『デイアンドナイト』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.