トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

15 9月

ライアン・ジョンソン監督が日本のファンにだけ語った世界初解禁のエピソードとは!?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

Posted in 未分類 on 15.09.17 by Merlyn

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督、尾上松也、河北麻友子映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督/尾上松也、河北麻友子(ゲスト)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開日(2017年12月15日)まであと約3ヶ月と迫るなか、9月11日(月)にTOHO シネマズ 六本木ヒルズで行われたスペシャル・ファンミーティングにライアン・ジョンソン監督が登場しました。監督自身が映画公開前にファンの前に登場するのは日本だけ!さらに、一般来場者から直接ライアン・ジョンソン監督に質問できる時間も設けられるとあって、会場には大勢の“スター・ウォーズ”ファンとマスコミ陣が詰めかけしました。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督、尾上松也、河北麻友子「スター・ウォーズのテーマ」にのせて登場したジョンソン監督。舞台のセンターに立つと「ミナサン、ゴメンナイ!ワタシハ、ニホンゴガハナセマセン。ケド、ガンバッテイマス!」と日本語で挨拶し、会場からは大きな拍手と歓声が上がりました。

MCから「本作はもう完成したのですか?」と聞かれたジョンソン監督は、「完成まであとほんの少しというところ。ロスであと数日作業したら完パケになるよ!」と明かし、さらに「特別に、今から皆さんに観せちゃおうかな(笑)!」とジョークを飛ばすと、客席は大盛り上がり。「最後の大詰めの時期に来日して、大丈夫ですか(笑)?」とMCからツッコまれると「それはどうでもいいよ!日本のファンはすごく大切だからね!」と笑顔で答え、完璧なまでのファンサービスに会場は序盤からヒートアップしました。

マーク・ハミルら出演者陣も「衝撃的!」と口を揃える本作。脚本も手掛けたジョンソン監督にMCから「どのような衝撃か、ヒントだけでも教えてください」と質問が投げかけられると、「言ってしまったらサプライズにならないよ(笑)。でも、キャスト陣も脚本を読んですごく驚いてくれたし、観客の皆さんもきっと良いショックを受けてくれると思います。しかも、ただ驚くのではなく、腑に落ちるようなサプライズになっているはず!」と自信をみせました。さらに、レイがフォースとどう向き合っていくかを問われると、「それこそが本作のメインテーマ。スター・ウォーズは登場人物達が成長して、自分の居場所を見つける物語なんだ。ルークとは違うカタチで、レイにもその道のりが待っていると思うよ」と回答しました。レイがダークサイドに堕ちるのでは?という噂については「はははは!」と大爆笑をしたあと、「それを言わせるの!?フォースの力で探り当ててください(笑)」と返し、場内は大きな笑いに包まれました。

 続いて、「続編の製作にあたり、ここを外したらスター・ウォーズじゃなくなるというポイントは?」と聞かれた監督は、「僕は4歳の頃からスター・ウォーズのファン。だからこそ、いろいろ迷ったよ。最初に考えたのはルークのこと。彼がなぜあの島に1人でいて、何をしていたのか?とか。それとは別に、“そもそもスター・ウォーズという映画とは何か”ってことも考えた。キャストやスタッフにも質問をぶつけてみたけど、結果的には直感を信じて作ることにしたんだ」 とコメントしました。

続いては、記者からの質疑応答。「今年4月に予告編映像が公開されたが、一番の鍵を握っているカットはどこか?」と聞かれた監督は、「ルークが言う“ジェダイは滅びる” というセリフが重要な鍵になっているよ。なぜ彼がそう考えているのか、どのようにその考えに到達したか。そこがとても重要なんだ」と回答。続いて、「ここで初解禁となる情報を1つ教えて!」と無茶ぶりされると、爆笑しつつも「今、プロデューサーの方を見ているんだけど、頭を振っているね(笑)」と前置きしながら、「…実は、仲の良い俳優のジョセフ・ゴードン=レヴィットがエイリアンの声でカメオ出演してくれているんだ。よく聞いていればわかるかも!」と興味深い情報を暴露し、会場からは大きな拍手が起こりました。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督、尾上松也、河北麻友子いよいよ、ここからは抽選で選ばれた熱狂的なファンからの質問タイム!ジョンソン監督はファンとの対面に少し緊張した様子で、「難しい質問がくるかも知れないから、僕も助っ人を呼んでいい?」と要望しました。すると舞台袖からは、なんとBB-8が登場!!!「かわいい!」という歓声と拍手が鳴り止まぬなか、監督がBB-8に「おや、君、ちょっと痩せたんじゃない?」と声を掛けると、BB-8もお辞儀する仕草と音声で答えました。

ファンから「キャリー・フィッシャーと最後に交わした会話は?」と質問されると、それまで笑顔を振りまいていたジョンソン監督は急に神妙な面持ちになり、「彼女がこの世にいないことが本当に寂しい。最後に会ったのは彼女の誕生日で、映画をすごく楽しみにしてくれていたけど、残念ながら観てもらえなかった。でも彼女の美しさや素晴らいパフォーマンスを今作に残してあるから、世界中のファンに観てほしい」と語りました。

続いて、「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、ソロに起きたことがショックで40度の熱が出たのですが、僕は今作を劇場に観に行っても大丈夫でしょうか?」という質問が(笑)。監督は「どうしよう、死んじゃうかもしれないね(笑)!何か医療器具的なものを持って観に行ってね!」と再び笑顔を見せ、会場はまたもや大爆笑に包まれました。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督、尾上松也、河北麻友子最後に芸能界のスター・ウォーズファンを代表して、尾上松也と、河北麻友子が登場!さらに、シリーズ全作に登場する人気ドロイド、C-3PO、R2-D2も駆け付けました。尾上から本作製作へのこだわりを聞かれた監督は、「自分の内なるスター・ウォーズファンの部分を信頼して作りました。現場ではスタッフもすごく楽しそうにしていて、仕事の合間にふと立ち止まっては、“今、自分はあのスター・ウォーズに関わっているんだ!”という感動を味わっているようでした。すごく良いサインだと思ったし、観客の皆さんにも楽しんでもらえるスター・ウォーズ作品になっていると思います!」と作品への自信をのぞかせました。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スペシャル・ファンミーティング、ライアン・ジョンソン監督、尾上松也、河北麻友子さらに尾上が「あまりに作品が好き過ぎると、裏側を知りたくないと思う部分もありませんか?」と聞くと、「確かに、最初はそんな心配もしました。ミレニアム・ファルコンの裏側や、ライト・セーバーの仕組みを知ってしまったら、魔法が解けてしまうんじゃないかと思って。でも、そんな心配は無用でした!ますます、スター・ウォーズ愛が深まりました」と述懐。最後に河北から今作で注目のキャラクターを聞かれた監督は「どのキャラにも早く出会って欲しいけど、リー・マリー・トラン演じるローズというキャラクターです。まだあまり映画には出ていないけど、彼女は太陽の日差しのような存在でした。早く皆さんに映画を観て欲しいです!」と笑顔で語りました。

約1時間に渡り、たっぷりと映画の見どころを語ってくれたジョンソン監督。エピソード9からは、J.J.エイブラムスが再び脚本、監督として戻ってくることも正式発表されましたが、ぜひ、本作ではライアン・ジョンソン監督によるスター・ウォーズの世界をお楽しみください!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より、世界同時公開です!

スペシャル・ファンミーティング:2017年9月11日取材 TEXT by min

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017年12月15日全国公開
公式サイト
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

↓トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』映画批評
マーク・ハミル、アダム・ドライバーほか来日記者会見
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)
特集:“スター・ウォーズ”の世界は、女子が鍵を握る!

トーキョー女子映画部サイトに戻る

ライアン・ジョンソン監督が日本のファンにだけ語った世界初解禁のエピソードとは!?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.