トーキョー女子映画部の取材リポート

女子目線で取材!トーキョー女子映画部ホームはhttp://tst-movie.jp

27 3月

ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、新田真剣佑等が東京の新スポットに集結!『パシフィック・リム:アップライジング』

Posted in 未分類 on 27.03.18 by Merlyn

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑、スティーヴン・S・デナイト監督映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑、スティーヴン・S・デナイト監督/メイプル超合金【安藤なつ、カズレーザー】(スペシャルサポーター、ピンポイント吹替担当)

 

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、スコット・イーストウッド、新田真剣佑2018年3月26日、グランドオープンを目前に控えた東京の新スポット“東京ミッドタウン 日比谷”で、本作の来日ジャパンプレミアが行われました。大勢のファンに迎えられ登場したキャスト、監督はノリノリ。来日を記念しての自撮りにも夢中になっていました(笑)。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、ジョン・ボイエガ

続いて、劇場では舞台挨拶が行われ、改めて一同が登壇。

ボイエガは「今夜初めて日本でこの作品を披露できるということで、とても嬉しく思っています」と一言。イーストウッドは「1作目の大ファンだった僕は、こういう形でこの作品に関われたことを大変嬉しく思っています。この作品はファンの皆様のために作った映画です」と挨拶しました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑、スティーヴン・S・デナイト監督デナイト監督は「自分は日本が本当に好きで、昔からウルトラマンやマグマ大使、元祖ゴジラ映画とか、そういった日本の怪獣映画をたくさん観て、大ファンだったので、この映画を作って、こうして日本の皆様にお届けできるのは、少年時代の夢が叶ったような思いです」と感銘を受けていました。さらに、前作の監督ギレルモ・デル・トロから引き継ぐ上で気を付けた部分や逆に広げた部分があるかと聞かれると、「皆さん同意見だと思うんですけども、ギレルモ・デル・トロ監督は1作目で素晴らしい世界、キャラクター、ストーリーを創り上げていって、そうした土台があってこそ、この映画があるわけです。彼が創り上げたものをしっかり受け継いで壊さないようにしながら、さらに世界観を拡大してもっとさらに壮大なものを皆さんにお届けしたいという気持ちを込めて作りました」と語りました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、スコット・イーストウッド次に、この続編で登場する新しいキャラクターを演じる上で気を付けたこと、役に共感する部分を聞かれたジョンは、「本当に自分もこの役に共感することができて、まるで17歳の頃の自分を演じるような感じだったんです。いつもとても反抗的だけれど、置かれた状況のなかで成長していって、英雄のようになり、新しい世代を率いるリーダーになるような役をやりたいと思っていたので、とても楽しく演じることができました」と答えました。スコットは「僕自身もこの役を演じるのがとても楽しくて、パイロットの役なんですけど、実は実生活のなかでも僕はパイロットなんですね。また若い高校生達のメンター代わりということもあるのですが、自分自身も妹達がいまして、時にお兄さん風みたいなものを吹かせなければいけないので、そういう部分でこのキャラクターに繋がる部分があったと思います」と語りました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、菊地凛子前作から引き続き出演の菊地は、前作から約10年後の世界を舞台に演じることについて、監督とどんな相談をしたのかなどを聞かれると、「責任感が強くて、芯の通った森マコなんですけれども、それから10年経ってパイロットというところから少し離れて、また新しい闘いに挑むという姿勢は変わらずに、そこで弟のように一緒に成長していくリョーイチとの関係性を、映画のなかで育てられたと思っています」と振り返りました。リョーイチを演じた新田は一番苦労した事を聞かれると、「カンパーというコックピットに乗って、イェーガーを操縦するんですけど、スーツを着て、ワイヤーに繋げられたりして撮影するんです。僕のイェーガーは一番速いイェーガーだと言われていて、蹴りとかいろいろなアクロバットがあったので、カンパーに乗るまでの作業がとても大変でした」と話しました。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、新田真剣佑

そして、この作品の上映が(TOHOシネマズ日比谷の)こけら落としになるのを祝って、スペシャルサポーターのメイプル超合金の2人も加わり、鏡開きが行われ、イベントは盛況のうちに修了しました。多くのお客様が詰めかけている様子などを見て、期待値の高さを感じましたが、4月13日の劇場公開が待ち遠しいですね。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑、スティーヴン・S・デナイト監督/メイプル超合金【安藤なつ、カズレーザー】(スペシャルサポーター、ピンポイント吹替担当)

『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア:2018年3月26日取材 TEXT by Myson

 

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガ/スコット・イーストウッド『パシフィック・リム:アップライジング』
2018年4月13日(金)より全国劇場公開
公式サイト
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

 

トーキョー女子映画部での紹介記事
映画批評&デート向き映画判定、キッズ&ティーン向き映画判定
来日イベント@【東京コミコン2017】、スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子
TJE Selection イイ男セレクション/ジョン・ボイエガ
TJE Selection イイ男セレクション/スコット・イーストウッド
TJE Selection イイ男セレクション/新田真剣佑
トーキョー女子映画部サイトに戻る

 

ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、新田真剣佑等が東京の新スポットに集結!『パシフィック・リム:アップライジング』 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.